TOP

中古バイクを探すならバイクの窓口

中古バイクの選び方(スズキ編)

  • バイクのメンテ記事
  • 2018.03.22

軽自動車メーカーとしても知られるスズキ。個性的なバイク作りというイメージが一般的ですが、スズキの中古バイクを選ぶ際にはどのようなポイントに注意すべきなのでしょうか。

  • スズキの特徴

国産自動車メーカーの中で軽自動車のヒット作を次々と発売してきたスズキ。バイクメーカーとしてのスズキはそのようなイメージから一転し、非常に個性的なバイク作りをするメーカーとして知られています。

また、軽自動車で培ってきたコストを抑えるノウハウを活かし、バイクにおいても可能な限りコストを削って高い品質を維持していることも大きな特徴です。コストを削っていると言うと、チープな印象を持たれる方がいるかもしれませんが、決してそんなことはありません。技術面においては一切の妥協を許さず、他メーカーにはない独特のシステムを開発し、熱狂的なファンに支えられているメーカーです。中古バイクでも品質の良いバイクは流通しており、人気メーカーの1つです。

個性的であるが故にホンダのような万人受けをするモデルは非常に少なく、あえて中古バイクで自分好みのバイクを探す人もいるそうです。このように他人と違う珍しいバイクに乗りたいというユーザーにとっては非常に魅力的なバイクが揃っています。それこそがスズキというメーカーのアイデンティティとして現在まで継承され続けているのです。
  • スズキの中古バイク選びのコツ

スズキを代表する車種といえば「ハヤブサ」があります。世界最速を誇ったエンジン性能は今でも色褪せることなく、多くのファンを魅了しています。このように国産メーカーの中ではエンジンへのこだわりが最も強く、エンジンのポテンシャルを存分に楽しみたいというユーザーにとってはスズキのスーパースポーツは最適な選択であるといえるでしょう。一方で、かつては「油冷エンジン」のような独自のシステムを開発し、実際に市場に投入するなど一般的ではない試みをするメーカーとしても知られています。メンテナンス性の高さや汎用性が低いという点を気にするユーザーもいるようです。これはデメリットというよりも、スズキの個性と言える側面かもしれませんね。

スズキを選ぶユーザーは、ボディタイプや排気量から中古バイクを絞り込むのではなく、あらかじめ乗りたいバイクが明確に決まっており、それを長年にわたって一途に乗り続けるといった傾向が強いです。個性的で先進的なバイクであるからこそ、他のバイクとは全く違った魅力が詰まっているといえます。

  • まとめ

他のバイクメーカーにはない「クセ」が売りでもあるスズキ。個性的であるが故に、時には扱いにくいと感じてしまう人も少なくありません。しかし、バイクに乗り続けていると自然と愛着が沸いてくるもの。これを一つの個性として受け入れ、楽しんでみたい人は、中古バイク選び候補にしてみてはいかがでしょうか。

制作・協力

バイクネットAJ事務局

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す