TOP

中古バイクを探すならバイクの窓口

【速報】東京モーターサイクルショー2019(カワサキ・スズキ・ホンダ・ヤマハ)編

  • 最新ニュース
  • 2019.03.22

東京モーターサイクルショー2019の会場内に展示されている車両情報を速報でお届けします!カワサキ・スズキ・ホンダ・ヤマハ。今年も各メーカーの最新バイクが揃っておりますので、当日は是非会場へお越しください!

いよいよ今週末開催される東京モーターサイクルショー2019。大注目のスズキ新型カタナをはじめとする各メーカーの新型車両をいち早くお届けします。

  • なんといってもまずはスズキ・新型カタナ!

まずはスズキブース


今年はこの車両が注目を集めております!

新型「KATANA」(カタナ)

2018年で発表されて以後、いよいよ日本初公開です!

なんと跨れるコーナーもございます!


スズキの公式HP内でもやはり一番に推されている車両です。

先進的なフォルムはまさにモーターサイクルショー向きだと思いますし、

メディア関係者の注目度もかなり高かったです。

会場に来た際は絶対に見るべき一台ですね。


スズキは上記車両以外にも

ニューグラフィックで登場したGSX-R1000R ABSや

Moto GP車両も展示しております!


  • その他国内メーカーも充実のラインナップ!

続いてホンダブース

ホンダ社は人気のCBシリーズからCB1300 SUPER FOURを始め、

大型車両から原付で人気の「カブ」シリーズまで幅広い車両を展示。

この幅の広さはホンダならではだと感じさせるブース構成でした。


どんどん行きます!

ヤマハブース!

ヤマハ社の推しはなんといっても「MT」シリーズ。

MT-10とMT-09


を公式HPでも推しておりますね!

新カラーのマットライトグレーメタリック4を始め、より機械的で先進的な仕上がりになっております。

ホイールの差し色がカッコイイです!

ヤマハのブースは毎年次世代を感じさせる作りになっており、わくわくさせてくれますよね。


最後はカワサキ!


今年のターンテーブルにはVERSYS1000SEを展示

去年Z900RSで世間を沸かせたカワサキ社のブースは今年もイメージカラーの「黒×緑」でカッコよくまとまっています。

車両を家具のオブジェかのように、飾っているブランドアイコンゾーンには

Ninja H2 SX SE+をはじめとして3台を展示。


アパレル用品や実際に跨ることが出来る体験ゾーンの充実など

ライダーの生活に寄り添った様なスタイルも好感が持てますね!


  • 国内だけではなく海外メーカーも数多く出展

国内だけではなく海外メーカーも数多く出展。

海外メーカーに関しては別の記事にて詳しく書いていこうと思いますが、

様々なホールにてブースを展示しておりますので、忘れずにすべてのメーカーブースを

見学できる様にマップは必須ですね。

バイクの窓口事務局

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す