TOP

中古バイクを探すならバイクの窓口

東京オートサロン2020開催!展示バイク レポート!

  • 最新ニュース
  • 2020.01.16

1月10日(金)~12日(日)に開催された「東京オートサロン2020」のレポートです!

1月10日(金)~12日(日)に千葉県の幕張メッセで開催された東京オートサロン2020。

今回で38回目となった、世界最大級のカスタムカー&関連製品を展示する大人気のイベントです。

今年もバイクの展示がありましたので紹介したいと思います!

  • スズキ、ホンダ

初日の業界&報道関係者招待日に取材しましたが、午前9時のオープン直後から大勢の来場者で熱気がスゴかったです!

国際展示場ホール1~11、イベントホール等や屋外を使った会場内は自動車メーカーに加え、各種メーカー&ショップのブースが連なり、一日では全てを見られないほどの車両や製品の数でした!

尚、今年の3日間合計の来場者数は33万6千人(!)となり、過去最高を記録しました。


スズキブースは、KATANAのスペシャルカラーモデルを展示!(参考出品車)。

カウルに新たなラインを入れ、ブレーキキャリパーやシート等を特別カラーでカスタムし、大人気でした!


隣のスイフトスポーツ カタナエディションも、同様のイメージでカラーリング。

「”研ぎ澄まされた走りは、どこまでも美しい” KATANAの疾走感と造形美にインスパイアされたスイフトスポーツ(参考出品車)。個性的かつ前衛的なデザインは、匠が鍛え上げた刀のように人々の心を惹きつける」

展示車の前で多くの人が「このまま発売すればいいのに」と言っていました!


ホンダブースは、Honda Racingのロードレース、トライアル、モトクロスの世界選手権で2019年にチャンピオンを獲得したレース車両を展示。(右から、RC213V、COTA 4RT、CRF450RW)


市販車ではCB1100RSとレブル250の2台を展示。いずれも跨ることが可能でしたので、多くの来場者が感触を確かめていました!

CB1100RSは、1月17日(金)から展示車のカラーリング「マットバリスティックブラックメタリック」を受注期間限定で発売。詳細は下記ページから!

https://www.honda.co.jp/news/2019/2191216-cb1100rs...

  • モチュール、アップガレージ、TONE、小倉クラッチ

モチュールブースに展示の「スズキ GSX-R1000R ヨシムラレーサー」はスポンサーとしてモチュールのロゴが大きく入っていますが・・。


隣のマン島TTレースで2014年から昨年まで6連覇を達成したEVバイク「無限 神電 八」は「電動バイクにオイル?」と思ったら、説明文の「MOTULは専用のモーター冷却用オイルの供給を担当」で納得でした。


アップガレージブースは、中古パーツをフル活用して復活させた「ホンダ CB750F(1983)」を展示。不動車で欠品&カスタム多数の車両のレストアをDIYで仕上げた過程をパネルで紹介。


アップガレージは今年も会場で中古パーツを販売!多くのバイクパーツやライディングギア等の展示がありました。


TONEブースは、レース仕様の2台を展示。


小倉クラッチブースは、ヤマハ YZF-R1(全日本ロードレース ST1000仕様:左)とカワサキ Ninja ZX-6R(同、J-GP2仕様:右)の2台を展示。ST1000クラスは2020年に量産車をベースとした車両で行われる新たなカテゴリーです。

新発売のバイク用「スリッパークラッチ」はスリップトルクの強さをを3段階で調整可能。強さの変化が分かる体験コーナー設置で違いをアピールしていました。

  • オーリンズ、GORDON、ATJ、SPASHAN、カーステーションマルシェ

オーリンズはスーパーバイク仕様のフロントサスペンション等をディスプレイ。


トライクメーカーのGORDONブース。今年もショータイムで盛り上がっていました!


リヤのカバーを外して内部が分かる車両を展示して構造をアピール。


ATJブースは、鈴鹿8耐参戦マシンのホンダ CBR1000RR SP2でウィリー体験コーナーを設置。


SPASHANブースのGS27 JAPANはホンダ DAXのカスタム車を展示。


カーステーションマルシェブースのメガライフ・レーシングバッテリーはスズキ GSX1100Sカタナ(1983)のカスタム車を展示。

(取材協力)

東京オートサロン事務局


(写真・文)

森井智之

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す