TOP

中古バイクを探すならバイクの窓口

ホンダ 新型 グロム 撮影会!

  • 最新ニュース
  • 2021.04.09

「Honda 2021 Newモデル 撮影会」にて展示されたモデルの中から、今回はホンダ 新型 グロムを紹介します!

栃木県の「ツインリンクもてぎ」で行われた 「Honda 2021 Newモデル 撮影会」に参加しました。


この日は、今年発売されるニューモデルを展示し、個別に撮影が出来ました。


今回は、2021年3月25日(木)発売の原付二種スポーツモデル Honda グロム を紹介します!


ニュースリリース

https://www.honda.co.jp/news/2021/2210309-grom.htm...

  • 踏襲と一新

今回で3代目となる新型グロムは、スチール製モノバックボーンフレームや前後サスペンションは従来モデルを踏襲しながらも、スタイリングとエンジンを一新しました。


新開発の空冷 4ストローク OHC 単気筒 123ccエンジン。


ロングストローク化、高圧縮比と低フリクション技術を随所に採用し、最高出力の向上と優れた環境性能を両立。


新たに「5速トランスミッション」を採用。


遊び心にあふれた、個性的なデザインのサイドビュー。


押し歩きがしやすい軽量、コンパクトなサイズの車体。


車両重量102kg。全長1,760mm。


カウル取付けボルト周辺に円形のガーニッシュを採用。


ボルトオンタイプのシュラウド&サイドカバーは取付けボルトを着脱することで、外観をカスタマイズしやすい構造としています。


存在感のあるデザインの新形状LEDヘッドライト。


多機能デジタルメーターは、ギアポジションインジケーターとREVインジケーター追加。


エアプレーンタイプのヒンジ付きタンクキャップ採用。フューエルタンクは容量 6L。


フラットな形状と厚みをもたせたシート。シート高 761mm。


分割式シートレール。


純正アクセサリーでリアキャリアを用意。


スクエア形状のLEDテールランプ。


サイレンサーだけを脱着できる分割式マフラー。

フレームは、スチール製モノバックボーン。


  • ベースモデルとレースベース車

「街を楽しむための本格派スポーツバイク」のベースモデルに加え「誰でも気軽に本格レースを」楽しめるレースベース車を用意。


倒立フォークのフロントサスペンション。


フロントの油圧式ディスクブレーキには1チャンネルABSを装備。


120mm幅の12インチタイヤと新デザインの5本スポークアルミホイール。


130mm幅の12インチリアタイヤ。


前後に油圧式ディスクブレーキを採用。


リアにはシンプルかつ軽量なモノサスペンションを装備。


  • ​カラーバリエーションは2色を用意。


フォースシルバーメタリック。


マットガンパウダーブラックメタリック。


Honda グロム

https://www.honda.co.jp/GROM/


(取材協力)

本田技研工業株式会社

株式会社ホンダモーターサイクルジャパン


(写真・文)

森井智之

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す