TOP

中古バイクを探すならバイクの窓口

ホンダ 新型 CB1000R 撮影会!

  • 最新ニュース
  • 2021.03.03

「Honda 2021 Newモデル 撮影会」で展示されたモデルの中から、今回はHonda CB1000Rをレポートします!

栃木県の「ツインリンクもてぎ」で行われた 「Honda 2021 Newモデル 撮影会」に参加しました。

この日は、今年発売されるニューモデルを展示し、個別に撮影が出来ました。


今回は、2021年3月25日(木)発売の大型ロードスポーツモデル Honda CB1000R を紹介します!


ニュースリリース

https://www.honda.co.jp/news/2021/2210205-cb1000r....


  • 変更ポイントを紹介!

軽量、コンパクトな車体に高性能エンジンを搭載したCB1000Rは、新世代CBシリーズのフラッグシップモデル。


今回の変更ポイントを紹介します!


Honda CB1000R

マットパリスティックブラックメタリック


カラーバリエーションは、新たに「マットパリスティックブラックメタリック」、「マットベータシルバーメタリック」の2色を加えた全3色。


丸型LEDヘッドライトを「ティアドロップシェイプ」の新形状として、表情を一新。


スラント形状の薄型LEDヘッドライトは、ライトハウジングをフロントフォーク間に埋め込むようにレイアウトしてマス集中化に寄与。


ヘアライン加工を施した「ラジエーターシュラウド」とタンク下にある「エアクリーナーカバー」のデザインを変更して小型化。


「アルミダイキャスト製シートレール」の形状を変更し、スリム化&長さの短縮を実施。カラーはシルバーに。


「スイングアームマウント式のリアフェンダー」は、形状を変更してスリムなフォルムに。


メーターは、視認性に優れた「5インチ フルカラーTFT液晶マルチインフォメーションディスプレー」を新たに装備。


CB1000Rとスマートフォンを連携し、ハンドルスイッチやBluetooth接続されたヘッドセットを通じたライダーの音声などでスマートフォンのマップやミュージックアプリなどの操作を可能とする「HSVCS(ホンダ スマートフォン ボイス コントロール システム)」を新たに採用。


新デザインの「スポークホイール」は剛性を確保しつつ、薄肉化を実施。


継続色の「キャンディークロモスフィアレッド」は、3層構造による「こだわりの赤」。


新型は、凝縮感のあるプロポーションをより強調して軽快な印象。

全体の質感をさらに深め、細部にわたって充実した装備を施しています。

車体重量 213kg。

  • 主要装備を紹介!

パワーユニットは、998cc 水冷4ストローク 直列4気筒DOHCエンジンを搭載。

クラッチレバーの操作荷重を低減する「アルミカム アシストスリッパークラッチ」採用。


クラッチとスロットル操作なしでシフトチェンジができる「クイックシフター」標準装備。

3つの走行モード(スポーツ、スタンダード、レイン)にユーザー設定を加えた「ライディングモード」。


「スロットルバイワイヤシステム」採用。


スロットル操作に対する出力特性を3段階から任意に選択できる「パワーセレクター」。

後輪のスリップや前輪の浮き上がりを緩和する「Honda セレクタブルトルクコントロール」。

走行中にスロットル全閉で減速する際のエンジンブレーキの強さを選択できる「セレクタブルエンジンブレーキ」。


5段階の調節が可能な「グリップヒーター」標準装備。


シート高 830mm。

充分な面積を確保して着座位置の自由度を高めたシート。

「ETC2.0車載器」を標準装備。


ショートテールにLEDテールランプを埋め込むように配置。

急ブレーキ時にハザードランプを高速点滅させる「エマージェンシーストップシグナル」採用。


Honda CB1000R

https://www.honda.co.jp/CB1000R/

(取材協力)

本田技研工業株式会社

株式会社ホンダモーターサイクルジャパン


(写真・文)

森井智之

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す