TOP

中古バイクを探すならバイクの窓口

【速報】 ホンダ CT125 ハンターカブ 報道撮影会 Part1 !

  • 最新ニュース
  • 2020.03.23

新型「ホンダ CT125・ハンターカブ」の発売に先駆けて行われた撮影会のレポートです!

Honda CT125・ハンターカブの報道撮影会が行われました。


東京モーターショー2019でワールドプレミアした原付二種レジャーモデルの新型「ホンダ CT125・ハンターカブ」が、3月20日のニュースリリースにおいて2020年6月26日(金)に発売とアナウンスされました。

https://www.honda.co.jp/news/2020/2200320-ct125.ht...


今回は、発売に先駆けて撮影出来ましたので、詳細をレポートします!

  • カラーリングは2色展開

カラーリングは全2色を設定。

・CT125・ハンターカブ (グローイングレッド)

新型は、長く親しまれたCT110 ハンターカブの機能的なスタイルを継承しながら、現代にフィットする装備と機能を追求した新しいかたちを提案。


スーパーカブC125をベースとして、市街地走行から林道ツーリングなど、幅広い用途に適応した機能を備えたモデルとして開発。


・CT125・ハンターカブ (マットフレスコブラウン)

フレームを延長して大型リヤキャリアに対応。トップブリッジ付きフロントフォークの採用と、ヘッドパイプまわりを補強、ピポットプレートを追加等で剛性バランスを最適化。


・形状を工夫し、足着きと乗り心地にこだわったシート高は800mm。

日常での扱いやすさと不整地での走行を可能にする装備による、タフなイメージを高次元で融合したスタイリング。

  • エンジンは自動遠心クラッチを採用

・エンジンは、クラッチ操作が不要な自動遠心クラッチを採用した空冷・4ストローク・OHC・単気筒124ccを搭載。

・アンダーガードを装備。最低地上高は165mm。

・エンジン始動はセルに加え、キックペダルを装備。

低中速の力強さを重視し、市街地でのレスポンスやツーリング時のゆったりした走行を楽しめる出力特性としています。


・110mmのストローク量を持たせたテレスコピック式フロントフォーク。

・前後ディスク式ブレーキ。フロントのみ作動する1チャンネルABSを装備。

・ブロックパターン状のタイヤは前後17インチ。

・マットグレー塗装仕上げのスチールリムに、ステンレススポークを採用。


・アップマフラーを採用。

・2人乗り可能な可倒式ピリオンステップを標準装備。


・車体サイドにハイマウント式の吸気ダクトを設置。

自然の中での走行を楽しむための各種装備による個性的なディティール。


・荷掛けフックを4か所備えた専用リヤキャリア。

横幅409mm×前後477mmの大型サイズ。

  • 全ての灯火器にLED式を採用

・LED式の丸型ヘッドライト。


全ての灯火器にLED式を採用。


反転液晶タイプのコンパクトなデジタルメーター。


・シート下のフューエルタンク容量は5.3L。

・シートはキーでロックを解除。


・アップハンドルによる見晴らしの良いライディングポジション。

・オールドタイプのウイングマークを採用。


撮影の際の車両移動で、カブシリーズならではの取り回しの良さを実感。

・車両重量120kg。


次回は、3台のカスタマイズパーツ装着車を紹介します!

Honda CT125 ハンターカブ

https://www.honda.co.jp/CT125/


(取材協力) 株式会社ホンダモーターサイクルジャパン


(写真・文) 森井智之

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す