TOP

中古バイクを探すならバイクの窓口

ホンダ 新型 GB350 撮影会! (技術解説付)

  • 最新ニュース
  • 2021.04.07

「Honda 2021 Newモデル 撮影会」にて展示されたモデルの中から、今回はHonda GB350を紹介します!

栃木県の「ツインリンクもてぎ」で行われた 「Honda 2021 Newモデル 撮影会」に参加しました。

この日は、今年発売されるニューモデルを展示し、個別に撮影が出来ました。


今回は、2021年4月22日(木)発売の 新型ロードスポーツモデル Honda GB350 を紹介します!


ニュースリリース

https://www.honda.co.jp/news/2021/2210330-gb350.ht...

  • 心を弾ませる、パワーと鼓動

GB350シリーズは、スタンダードの「GB350」(写真)と、スポーティーなキャラクターの「GB350S (7月15日発売)」の2モデルを用意。


(ヘッドライト、テールライト、前後フェンダー等の各部がGB350とは異なるGB350Sは、後日レポート予定。)


開発は「変わらぬバイク本来の美しさ」と「デイリー&レジャーなモデル」と位置付けし、コンセプトを「日常から遠出まで~ THE Honda Basic Roadster」として、以下の目標を設定。


車体:ライダーの存在感、ゆったりした操縦フィール

外観デザイン:Massive & Shaped Design (抑揚のあるデザイン)

パワーユニット:クリアな鼓動と力強さ


新設計の車体とパワーユニットが生み出す「乗り味」は、「使用目的やターゲットユーザー」を限定しない、「今までのホンダ モーターサイクルとはちょっと違った目標」による、新たな価値提案を掲げています。


パワーユニットは、「直立」空冷 4ストローク OHC 単気筒 348ccエンジンを搭載。

「鼓動=味わい」を際立たせるために「2つのバランサー」を装備。

「ロングストローク」と「質量の大きなフライホイール」により「気持ちよさ」を追求。


エンジン周辺は補機類のサイズや配置を工夫して「空間」を設け、スッキリした印象に。


ワイドレシオの5速トランスミッション。

アシストスリッパークラッチ採用。

路面状況に応じてエンジントルクを制御するHonda セレクタブル トルク コントロール。


ステップは、メイン / ビリオン別体の専用ホルダー。


「重厚感とパルス感を際立たせる」サウンドを追求したクローム仕上げのマフラーは、(このクラスでの採用は極めて稀な)「シンプルな1室構造」。


車体は「(スーパーカブやスクーターのように)積極的にニーグリップしなくても安定して走れる」ことを前提に重心を設定。


フロントサスペンションは120mmのストローク量を確保し、快適な乗り心地に寄与。

大径シングルディスクブレーキ。専用セッティングの前後独立制御ABSを標準装備。

Y字スポークの19インチ アルミホイール。


リアクッションはダンパー内部に窒素ガスを加圧封入して、応答性の高いダンピング特性を獲得。


リアホイールは18インチを採用(※ GB350Sは、17インチ)。

  • すべては、ライダーのために

全灯火器に省電力長寿命LEDを採用。

フロントウインカーは、ラウンド状に発光するポジションランプを装備。


上体が起きたアップライトなライディングポジション。


メーターは、左にアナログ指針式の速度計とデジタル表示部(ギアポジションインジケーター内蔵)、右にコーションランプ類の組み合わせ。


容量15Lのフューエルタンク。

カラーリングは、マットジーンズブルーメタリック(写真)、キャンディークロモスフィアレッド、マットパールモリオンブラックの3色を設定。


シート高 800mm。

撮影後に跨ってみましたが、両足の踵がわずかに浮く感じでした(身長176cm)。


ヘッドライト、テールライトはクローム仕上げ。


スチール薄板(0.8mm)の前後フェンダーとサイドカバー。


車両重量 180kg。


ホンダ GB350

https://www.honda.co.jp/GB350/

(取材協力)

本田技研工業株式会社

株式会社ホンダモーターサイクルジャパン


(写真・文)

森井智之

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す