TOP

中古バイクを探すならバイクの窓口

Hondaスーパーカブ60周年記念イベント 「スーパーカブと素晴らしき仲間たち」

  • 最新ニュース
  • 2018.08.09

8月1日(水)Honda ウェルカムプラザ青山においてスーパーカブ60周年記念イベント「スーパーカブと素晴らしき仲間たち」展、スペシャルトークショーが開催されました。 「1958年という日本の高度経済成長期に誕生した初代スーパーカブC100と、同年に誕生した数々の工業製品や建築物、食品やサービスなどの“素晴らしき仲間たち”の代表を一堂に会して、誕生60周年を共に祝うイベント」で、ショールーム内にスーパーカブと協力企業各社の商品群を展示しました。さらに、スーパーカブシリーズの誕生60周年を記念したスペシャルトークショーを開催。ゲストの方と時代背景等を絡めた、それぞれの商品の思い出を語りました。

  • 期間限定受注の「スーパーカブ50 / 110・60周年アニバーサリー」を発表しました!

トークショーの前に、「スーパーカブ50/110・60周年アニバーサリー」の発表が行われました。



このモデルは還暦を迎えたスーパーカブを記念するモデルで、アメリカ向け輸出モデル「スーパーカブ CA100」を思わせる特別色のレッドを主体としたボディカラーで、米国での「ナイセスト・ピープル・キャンペーン」の広告に描かれたイメージイラストをモチーフとしています。


60周年記念車の特別仕様は、

サイドカバーに「スーパーカブ誕生60周年記念エンブレム」

フロントカバーにクロームメッキエンブレム、クロームメッキメーターリング

パイピング付きツートンシート、ブラック塗装のリアキャリア等


2018年8月1日から10月31日までの「期間限定受注モデル」で、発売日は11月22日です。レッドのカラーは街中で目立つこと請け合いですね。気になる方はサイトで情報をチェックして下さい!


また、スーパーカブ60周年記念ヘルメット、コラボ60th記念モデルGショックの発表もあり、いずれも期待が高まります。

  • ショールーム内は、「1958年」をキーワードに時代を映した商品群を紹介!


この日のショールーム内は、スーパーカブと関連アイテムの展示の他、「1958年」をキーワードにした17社の商品、サービス等の実物や解説パネルを展示。


野球盤、鉛筆、ツナ缶、インスタントラーメン等、現在も生産が続く商品や「東京タワー」という象徴的な建築物もあり、いずれも色あせることなく輝いていました。



スケッチブックの表紙にスーパーカブのイラストをあしらったデザインのものを発売中。

スケッチブックと同じカラーのスーパーカブを展示して注目を集めていました。



オートバイパーツ開発を手掛ける「キジマ」のカスタムパーツ装着車。


9月14日に発売の「スーパーカブ C125」を展示。


「はたらくスーパーカブ」や「世界で活躍するスーパーカブ」を展示。

  • トークショーでは、初代スーパーカブや展示の商品群の話で盛り上がりました!

トークショーは、三樹書房 社長 小林謙一氏、元Hondaワークスライダー 宮城光氏、株式会社本田技術研究所 二輪R&Dセンター デザイン開発室長 川和聡 氏の3人で行われました。



初代スーパーカブ開発時では、車体レイアウトの象徴でもある「17インチタイヤ」を生産した「アイ・アール・シー(井上ゴム工業)」の協力や、レッグシールド量産の苦労が話題になり、たいへん興味深かったです。簡単操作や粘り強いエンジン等、「とことん考え抜いた商品はカタチを変えない」という考えは、展示の商品群にも共通する理念でしたね。



「スーパーカブと素晴らしき仲間たち」展は、8月24日まで!


ウェルカムプラザ青山では、「スーパーカブと素晴らしき仲間たち」展を8月1日から24日まで展示。

(ただし、8月11日~19日は休館です)

20日からは規模が縮小するそうですので、展示を見に行くならお早めに!



<関連サイト>


■「スーパーカブ50/110・60周年アニバーサリー」のページ

https://www.honda.co.jp/SUPERCUB/personal/60thspecial/


■スーパーカブのページ

https://www.honda.co.jp/SUPERCUB/


■ウェルカムプラザ青山のページ

https://www.honda.co.jp/welcome-plaza/



<取材協力>(株)ホンダモーターサイクルジャパン


(写真・文)森井智之

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す