TOP

中古バイクを探すならバイクの窓口

【スペイン】海外ツーリング~イビサ島&フォルメンテーラ島編~

  • バイクのツーリング記事
  • 2019.10.23

【岸田彩美のバイクの楽しさ無限大】vol.72。今回は海外ツーリングinスペイン!2つの島でのツーリングの様子、海外のバイク事情をレポートしてくれました!

  • フェリーでフォルメンテーラ島へ!

先日のデナシオンレース観戦から、今回はせっかく海外に来たのならツーリングしちゃおう!の記事です。また交通事情なども合わせてお伝えしていきたいと思います。


前回初の海外レース観戦の際に登場したチーム八つ墓のみんなは先に帰国のスケジュールだったので

一人で遊ぼうと腹をくくって飛行機の便を予約したのでした。


残念ながら、イビサ島やフォルメンテーラ島の観光や現地の情報を収集する本がほとんど無く、ほぼネット…と言いたいですがそれでも情報量が少なかったです。若干行き当たりばったりのところもありますが笑 参考になったURLがあるので添付しておきますね。


今回のメインツーリングはフォルメンテーラ島です。イビサ島から片道40分のフェリーを使って向かいました。一日で朝晩かなりの本数があり、事前予約もせずフェリー乗り場でチケットを買って乗船が可能です。


調べによると、BALEARIAは大手のフェリー会社なんだとか。トライアル・デ・ナシオンの際にも観戦エリアに幕が張ってあったのでスポンサードしているはず。


しかし、予想以上に船が揺れる〜!アトラクションの胃が浮くような感じが何回も…。日本から持参したおしゃぶり昆布を食べながら向かいましたが、着いた時には超グロッキーでございました。


案内所で島の地図を受け取りつつ、近くにレンタルバイク屋さんがたくさんあったので、MIT JORNさんというところで借りましたが、車両受け取りは別でなんとか英語と聞き取りも不明なスペイン語を理解しながら車両を受け取りました。


PIAGGIOの50ccバイク TYPHOON50青色を借りました。どうやら125cc以上のバイクを借りると保険でまかなえないかもしれない部分があるというのを耳にしていたので、チキンな私はお手頃価格だし50ccに。まあこれが後で泣きを見るんですが(笑)


あと国際運転免許証のAの部分にハンコがないと乗れない可能性があります。(日本ですと原動機付自転車以外の免許があればハンコが押されるとのことです)

国によって規定が違うと思いますが、Aの部分のハンコはマストで取得しておきたいところです。


また傷などのチェックは乗る前に必ずしましょう。一番良いのは写真を撮って証拠に残しておくことですね。

  • 海を目指して出発!!

1日25ユーロ+デポジット金15ユーロ=計50ユーロを支払いツーリングスタートです。(約1ユーロ125円前後)今思えばデポジット金額が安すぎかも。(笑)

ヘルメットも無料で貸してくれましたが、形状も不安なので超安全運転で行きたいと思います。


マップを広げて、せっかくならフラミンゴを見たいなと思って走っていましたが、お決まりの方向音痴な上に迷ってしまいました…。

お店で休憩しながら冷静に考えてフォルメンテーラ島の目的は「きれいな海で泳ぐこと」だったので、一番近くで泳げる場所を店員さんに聞き、その場所に向かいました。


途中でお金を支払い(?)目の前に広がるのはひたすら続くダートと人立ち入り禁止エリアが両サイドに広がる道。

この島は至る所に自然保護区が多く、きっとそれらを守るための通行料なのだと解釈しました。


走り進めて行くと・・・あったよ綺麗な海!!近くにみんなが止めている駐車場にバイクを停めて荷物を持って…海へGO〜!!!

こんなに透き通っている海に会えて、涙が出そうなくらい感動しました。グロッキーになりながら来てよかったです。

せっかくなので泳ぎましたが、超寒くて早々断念しました。

砂浜がサラサラで気持ちよくて…パラソル借りて爆睡…。貴重品は気をつけてくださいね!


実は結構早めにバイクを返却したのです。

本当なら島一周!とか大好きな鳥を観察しに行きたかったけど、50ccはやはり抜かされるし煽られる…(笑)正直言うと怖かったです。

でも途中で色が不思議な 赤いエリアも見れたので良しとします。海外で走れるってなかなかできないですからね。

またこのバイクもタイヤがダート仕様になっていたのが良かったです。

反省点としては、ちゃんと保険のことを聞いて理解できるようにしておくべきだったなと思いました。そうすればもう少し大きな排気量に乗れ、他の車との流れに乗れたはず。でもこれはこれで良い思い出です。

  • バイクの海外事情

イビサ島でもK*10さんでレンタルバイクをしましたが(また同じ車両でした笑)

やはり煽られるのは変わりませんでしたね…。とほほ


みなさんスピードをバンバン出しますが、横断歩道では歩行者がいたらすぐに停まってくれますので、歩行者優先は守られていました。

また多かったのがロータリー交差点。日本でもあまり普及していませんが、レンタカーでも走っていてドキドキしましたが、やはり慣れるまで時間がかかりますね。

でも日本で多いとされる右直事故であったり、無理なUターンによる事故や信号のつなぎが悪いときの渋滞は減ると思いました。


また駐車場についてですが、車ですと車間つめつめの縦列駐車が多いです。また駐車チケット発券できない場所での無断駐車は非常に厳しいとのこと。私は苦手なのでコインパーキングを探して停めましたが…。


バイクは、至る所に駐車場の線が引いてあり、無料で停めてOK。これは日本でも導入して欲しい事案ですよね。


番外編ですが、スペインの首都マドリードも帰りに寄ったのですが…ここは歩道に綺麗に停めてありましたよ。場所によって様々ではありますが、バイクの利便性を活かせるように日本でももっとバイクの駐車場問題が解決できるようにして欲しいですね!


またガソリン事情ですが、どうやら数字で理解したほうが良いと思いました。各スタンドごとにブランド名が違うのかな。レンタルをする際に必ず指差しで確認できるようにメモをするか、写真でどっち?で聞いておくのが良いでしょう!

・95→レギュラー

・98→ハイオク

あとはディーゼル2種類ほどありました。

またガソリンを入れる際は

店員さんにガソリンの種類を伝え、お金を支払って、ガソリンを入れ、後ほどお釣りをもらう形でした。

ガソリンの金額は日本とあまり変わらないかな?


有名なチームスポンサーであるREPSOLのスタンドでは、こんなに可愛いクレジットとプリカカードがあり、思わず作りたくなったほど。

同じく有名なチームスポンサー(マルク・マルケス選手など)

PULL&BEARのお店もイビサ島にありましたよ。日本にはまだ上陸していないお店です。

値段もお手軽なお店で安心しました(笑)

モータースポーツ関連で観光をしたり、新しい発見をするのも楽しかったです。


そうそう、これだけは伝えたい事があります。

最初にイビサ島の情報が少なかったと伝えましたが

ネットで検索すると治安が悪いという情報を多く目にしました。行く前は怖くてたまりませんでした。

でも治安が悪いと感じることはなく、とにかく行ってよかった。

たまたま私がそういう場面に出くわしてないからかもしれませんが…。


それよりも自然や街の美しさを堪能して欲しいと思いますし、至る所にアートであったり見所満載でした。思い切って一人で現地で見て、感じた事です。やはり現地に行ってみないとわからないことって沢山ありますよね。これからもツーリング等を通じて自分でその場に行く!吸収する!ネットの情報だけで判断しない!このことを忘れずにいたいなと思いました。


最後に、ツーリング・・いや、海外旅行する際はWi-Fiがあるとかなり充実します。グローバルWi-Fiは価格ドットコム経由で申し込むとお得でした!

今回は1日1GBまで使えるプラン申し込みました。またスペインで言うと、イビサ島やフォルメンテーラ島(バレアレス諸島)とマドリードなどのスペイン用Wi-Fiは別になるので2つ申し込みました。その辺もお気を付けください。


今回初の一人で海外ツーリング、ちょっぴり物足りないところはありますが

一人にしては上出来だと思います!自画自賛ですみません(笑)

でも、今こうして振り返りながら記事を書いていますが、やっぱりバイクって最高ですね。どこにいっても、世界共通!

これからもバイクの楽しさ無限大で伝えていきたいと思いますので、これからもよろしくお願いします!

ご協力ありがとうございました!


We are going to IBIZA!! 日本で唯一のイビサ島専門サイト様

http://eivissa.s3.xrea.com


RS TAICHI様

https://www.rs-taichi.com

制作・協力

岸田彩美

バイクの窓口事務局

他エリアのツーリング記事を絞り込んで探すバイクの窓口アイコン

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す