TOP

中古バイクを探すならバイクの窓口

【北海道】あおたび!ちょっとディープな北海道:小樽編

  • バイクのツーリング記事
  • 2021.07.12

【あおたび!ちょっとディープな北海道】vol.1。YouTuberあおさんの初投稿記事です!今回はディープな小樽をご紹介いただきましたよ♪

バイクの窓口をご覧の皆さん初めまして!


YouTuberでモトブログあおたび!をやってます、あおです!


この度、バイクの窓口で連載をさせていただけることになりました。


タイトルは「あおたび!ちょっとディープな北海道」です。


富良野のラベンダー畑

斜里の天に続く道

積丹のうに丼


そんな超ド級スポットやA級グルメの影に隠れた認知度は低いけど綺麗な場所、面白いツーリングスポット、美味しいグルメ


そんな「ちょっとディープな北海道」をご紹介していきたいと思います。


(たまにA級スポットも出るかも!笑)


Vol.1の今回の舞台は小樽!


札幌市内からはバイクで40分。


本州からフェリーで北海道ツーリングに来る方も立ち寄ったことがある方が多いではないでしょうか?


小樽といえば、小樽運河やなるとの鶏の半身揚げが有名ですがディープなおもしろスポットがあるんですよ。


では行ってみましょう!
  • ■祝津パノラマ展望台

まずやってきたのは祝津パノラマ展望台


おたる水族館の坂を登った先にあります。


高台から青く澄んだ海を眼下に見ることができる景色が綺麗なスポット!


平日に行きましたが、写真撮影をしにきた方やお昼休憩中の車がたくさん停まっていました。


ここでのお目当ては今年5月に設置され、SNS映えスポットとして密かに認知度を上げている「Otaru Photo Frame」


祝津展望台には羽のマークの看板が立っていました。



ここにきたらやっぱり・・・


撮るよね〜!!(笑)


駐車場に立っているので、バイクと一緒に写せます!


駐車場はアスファルトなのに、なぜか看板の前だけ急に砂利になります。


何かの演出なのかな?


羽をよーく見てみるとなんと魚で出来ています!


この魚は実はニシン。小樽ではニシン漁が盛んなんです。
  • ■オタモイ海岸

祝津展望台で写真を撮っていると1人のおじいさんが話しかけてくれました。


「オタモイ海岸というところが近くにある。眼下に白い砂浜と青い海が広がっていて、とても綺麗だから行ってごらん」


地元の方のおすすめは間違いないです!ということで早速行ってみることに。


「道なりに進むと看板が見えてくるからその通りに進むといいよ」


言葉の通りに看板が出てきました。


「7回カーブを曲がるとその先にある」


看板を頼りにしばらく走っていると現れたカーブ。きっとこれでしょう。


しかし・・・坂もカーブも急すぎ!!!


カーブの途中で対向車とすれ違えないんじゃないか?と思うほど狭いです。


ローダウンしている私のハーレーは底を擦りそうになりながら曲がっていきます(笑)


この道幅と坂で終わりだったらUターンきついなぁ・・・と、少し不安になりながら進んでいきます。


坂を降り切った先にあったのは、なんと!


だだっ広い平地!!何ここ?!


さっきまでの狭さが嘘のようです。


これは駐車場?


おじいさんが教えてくれた通り、眼下には砂浜と青い海が広がっていました!


天気がいい日は吸い込まれそうな景色なんだろうな〜!


しかし、この海岸を見せるためだけにしてはこの駐車場は立派すぎる。


車が頻繁に出入りするような場所でもなさそう。


実際に私が行った時も1台停まっていただけでした(しかも釣り)


ものすごく違和感を感じる・・・一体何故?


謎を探るべく、あたりを散策してみることに!


看板を発見!


「当時、そこには崖に聳(そび)える夢の竜宮城が存在した」


え?竜宮城?よく見てみると


本当だ!何かある!


さらにこんな看板も発見。


かつてこの場所には遊園地があったんですね。


看板から見る限りかなり豪華な建物だったようです。


教えてもらわないと、こんな場所知らなかったな〜!


地元の方のおすすめは行ってみて間違いないですね。
  • ■ソフトクリームじゃんけん

ツーリングに来たこの日の気温は30度近く。


北の大地にしてはかなり暑い日となりました!


こんな日に食べたいのがやっぱりソフトクリーム♪


ライダーに人気のお店、ソフトクリームじゃんけんさんにお邪魔しました。


ついてまず目に入るのが大量の木札!


訪れた方がメッセージを書いて残していくのだそうです。


しかしすごい数・・・


中に入ると所狭しと飾られているライダーの写真とバイクのミニチュア。


店内にもオーナーさんのバイクが展示されていて、バイク愛を感じます。


この日頼んだのはミルクとストロベリーのミックス


日によってフレーバーは異なるみたいで、ストロベリーの代わりにチョコになる日もあるのだとか。


1つ250円というお値打ち価格です。


お味はというと・・・甘くてすっごく美味しい!


ツーリングで疲れた体に染み渡ります。



せっかくなので、私も木札を書かせていただきました。


どこに設置してもらっているかはわからないのですが、立ち寄った際はぜひ探してみてくださいね♪


今回の「ちょっとディープな北海道・小樽編」はいかがでしたか?


北海道も探すとまだまだディープなスポットがたくさんあります!


今後もこちらで紹介していきますね。


ではまた次回お会いしましょう!あおでした!

動画もぜひご覧ください

制作・協力

あお

バイクの窓口

他エリアのツーリング記事を絞り込んで探すバイクの窓口アイコン

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す