TOP

中古バイクを探すならバイクの窓口

【北海道】【感動がそこにある…!】バイク女子がスーパーカブC125で北海道ツーリングへ

  • バイクのツーリング記事
  • 2021.08.25

【茅ケ崎みなみの気ままに大冒険っ!】vol.7。今回みなみさんは、カブと一緒に北海道へ!本日はフェリーに乗るまでの初日をお届けします。わくわくしますね~っ

バイクの窓口の読者の読者のみなさん、こんにちは!


YouTuberの茅ケ崎みなみです!


今回は、愛車のスーパーカブC125で北海道を巡ってきたので、北海道ツーリングの魅力をとことんお伝えしたいなぁと思います!


北海道行ってみたい方、ぜひルートなど参考にしていただけると嬉しいです。



■まずはざっくりルートを解説!


出発地 横浜


寄り道① 東京にあるコンビニ


寄り道② 茨城県でランチ


寄り道③ フェリー乗船。


  • 出発地は横浜!北海道に行く手段は?

まず、横浜から北海道に向かう方法はいくつもあると思う!


自走して青森からフェリー。


新潟まで下道で行ってフェリー。


茨城からフェリー。


あとは陸送。


パッと思いつく生き方はこの辺なんじゃないかな?


その中でも今回は「茨城県からフェリー」をチョイスしました。


フェリー代はかかるけど、そこまで休みが取れなかったというのと、


北海道滞在する日数を増やしたかったのでこのルートを選択。


そして出発の朝。


期待に胸を膨らませ、大荷物を積んだカブに乗車!


始まりの瞬間って、なんでこんなにときめくものがあるのだろうか?


まずは東京を抜けるために国道246を通り、国道318へ…。


お台場の方を目指す形で走行。


しかしね、やっぱりね、東京は激コミ!


慣れない東京走行にビクビクしながら


走り続けたらあっという間に疲れたのでコンビニ休憩!



■東京のコンビニで初休憩!甘いもので疲労回復。


これがなかなか美味。


渋滞に巻き込まれながら進んだので、


もうお疲れの私は、一瞬でコンビニスイーツをいただいちゃいました。


この時期のツーリングは熱中症注意なので、


水分補給を忘れずに、、、!



■東京→千葉→茨城県


東京のお台場を通り、千葉の浦安市を通り、茨城県へ。


実は茨城県を目指してツーリングするのって初めてだったので、


「霞ヶ浦」に寄り道することにしました!


絶対気持ちいんじゃないのかなと思って、


霞ヶ浦大橋走ってみることに…。


あぁ、ナント、雨。


しかもゲリラ豪雨。


レインコート着るタイミングを逃してしまって、


旅初日から、水浸し。


あぁ、なんてことだ。


初日から、これはしんどすぎるゥ…。


どうにか、休憩できそうなところに出たので、お昼ご飯休憩をすることに。



■茨城県のファミレス「ばんどう太郎」でランチ!


初めて見つけたご当地ファミレス!ばんどう太郎でランチしてみました。


頼んだのはこちら!



霞ヶ関産の白魚を使った天ぷらそば。


これがめっちゃ絶品。


天ぷらもサクサクでうまうまでした。


そしてスイーツ!!



このきな粉餅柔らかくてうまぁ〜!


おいしいランチを食べて、気合を入れ直して、


フェリー乗り場まで、進むことにします!



■北海道への架け橋、大洗フェリーターミナルへ

ランチを終えて外に出るとォ


”ナント晴れ”



暖かい日差しを浴びてながらさて出発です。


横浜からフェリーターミナルまでは、約150km。


東京都の混雑を合わせると思ったよりも時間がかかりました。


ついにフェリー乗り場に到着!



そして、苫小牧行きのシールを貼って、出発準備が整い、



18時30 ついに乗船です。


これに乗れば明日には北海道か、、、


北の大地に思いを馳せて、乗船…。


フェリーに乗る時っていつも緊張するけど、


今日はいつにも増してドキドキしてた気がします…!



■フェリー内のひととき。


今回乗船したのは、さんふらわあさっぽろです!


夜ご飯と朝ごはんバイキングもあって、設備は綺麗かつ快適。


天候も良かったからそんなに揺れなかったんだけど、


とっても疲れてたから、実はかなり船酔いしました…。(笑)


ゲリラ豪雨でだいぶ体力消耗してたらしいです…。


みなさんも船酔いには御用心ってことで、


明日に備えておやすみなさい…!



■あとがき


最後まで読んでいただき本当にありがとうございました!


今回は第7回目の記事という事で、北海道カブの旅の魅力を語らせていただきました。


人の数だけ旅があり、そして思い出がある。


これからもツーリングスポットの共有やバイクの魅力を楽しく伝えていくので、またご覧いただけると嬉しいです!


それでは次回の記事でお会いしましょう!



制作・協力

茅ケ崎みなみ

バイクの窓口編集部

他エリアのツーリング記事を絞り込んで探すバイクの窓口アイコン

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す