TOP

中古バイクを探すならバイクの窓口

【秋田・山形】絶景のルートが目白押し!東北周遊ツーリング③

  • バイクのツーリング記事
  • 2019.05.25

【迷走ライダーSHINの行き当たりバッ旅】Vol.73。3回にわたってお送りしている東北周遊ツーリング。ラストの第3回目は秋田県と山形県。1枚1枚の写真が雑誌の表紙になりそうな絶景写真ばかり!楽しさが伝わってきます!

5月2日~5月3日にかけては青森県から秋田県、山形県を走ります。

十和田市から国道4号線を南下、「八幡平アスピーテライン」へ向かいます。

  • 八幡平の光景にテンションが上がり、そのままアスピーテライン!

正面に見えるのは「八幡平」

もうこの景色が正面に見えた時点でテンションマックスです(笑)


アスピーテラインは8時30分のゲートオープンを待つ車の列。


八幡平アスピーテラインとは。

岩手県の八幡平御在所地区から秋田県のトロコ温泉まで、八幡平を横断する全長約274月中旬、冬期間の通行禁止が解除になりまだ道路の両側に数mの雪が残る「雪の回廊」を走ることができます。


この日も高いところで3メートルの雪の回廊を走ることができました。


雲の切れ間からの景色も最高です。


のんびりとアスピーテラインを堪能し、国道341号線~105号線を経由して、道の駅「かみこあに」へ。


名物の味噌きりたんぽ。


国道285号線で道の駅「五城目」

きりたんぽの元祖と言われる「だまこ鍋」


きりたんぽの団子版とでもいいましょうか。そして、比内鶏の出汁と肉がたまりません。

体も温まりました。

5月初旬といっても結構寒いんですよね。

  • 男鹿半島にはツーリング向きのルートが多い

ここからは男鹿半島を走ります。

男鹿半島と言えば「なまはげ」を忘れるわけにはいきません。

巨大なまはげと記念撮影(笑)


「男鹿半島北部の風車群」


風車下の砂浜、セローだと難なく走ることができます。

いったいどこまで風車があるのだろう。


「大潟村の菜の花ロード」


延々と菜の花が続き、気持ちよく走ることができます。


「寒風山パノラマライン」

奥には先ほどの風車群が見えます。


絶景の中、最高の気分で走ることができます。

  • 山形突入!鳥海山付近はまさに絶景

日本海東北自動車道を南下し、山形県に入ります。

前方に見えるのは鳥海山。


「鳥海ブルーライン」

全長35キロの観光道路。

この時期は雪の回廊を走ることができ、視界も開けて最高の絶景の中を走ります。


東北最後の立ち寄り地は「丸池様」

直径20メートル、水深5メートル、鳥海山から湧き出る湧水だけで満たされた池です。

透明な池を見ていると、底の方からボコボコと水が湧いている様子が見られます。

水の色は幻想的なエメラルドグリーンで、光の加減により微妙に色を変えていきます。


以上、グルッと駆け足で回った東北ツーリングでした。

この後、2日かけて下道で大阪まで戻りました。


もちろんまだまだ見どころたくさんの東北地方。

次はピンスポット的に細かく分けて訪問したいですね。


果たして何年後になるのでしょうか…

毎年10連休ならないかなぁ(笑)


本日のツーリングルートはこちら↓↓


制作・協力

SHIN

バイクの窓口事務局

他エリアのツーリング記事を絞り込んで探すバイクの窓口アイコン

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す