TOP

中古バイクを探すならバイクの窓口

【神奈川⇒石川】日本横断!SSTR2019参加ツーリング!

  • バイクのツーリング記事
  • 2019.07.03

【NANA-KOの気ままなバイク日和】vol.51。今回は日本列島の東海岸から日の出とともにスタートし、日の入りまでに能登半島の千里浜へゴールするというラリーイベント「SSTR2019」への参加レポートです。

SSTR2019、参加してきました!

(SSTRとは自分で定めた日本列島の東海岸から日の出とともにスタートし、日の入りまでに能登半島の千里浜へゴールするという、世界的なオートバイ冒険家風間深志氏が発案したラリーイベントです。http://sstr.jp/

  • NANA-KOさんもSSTRは初参加!多数の参加者を目撃

実は気にはなっていたものの、SSTRに参加するのは初めてなのです。毎年ゴールデンウィークの連休にロングツーリングに出るため、同じ月内でロングはなぁ…と見送っていました。


それが、ライダーズカフェ「カフェジョウレン」の店長ゆきねーさんから「行くよ!」と誘われ、あれよあれよという間に参加する流れに。宿泊先やエントリーまでみんなにお世話になり、参加が決定しました。


とはいえ、SSTRの概要をあまり理解していない私。

ルールがあり、高速道路上のSA、PA(1ポイント)と道の駅(2ポイント)、さらに各都道府県に1つずつ指定された道の駅(3ポイント、どこか1カ所必須)にSSTRシステムでチェックインして、合計10ポイント以上を稼がないと時間内に千里浜についても「ゴール」になりません。

出発はサザンビーチ茅ヶ崎に決定。そこから高速で距離を稼ぎ、松本から高山経由で日本海側へ出るルートになりました。


当日は2時過ぎには自宅を出発、途中都内に入る頃からバイクが増えてきました。残念なことにこの時点ではまだ私はゼッケンを貼っていません。ただのツーリングバイクと思われただろうな…。

サザンビーチに到着する数キロ手前のコンビニでようやくゼッケンを貼りましたよ!



到着するとすでにバイクがいっぱいです。同じ場所から出発することがわかっていた友達とも会えました。さあ日の出!陸が影になりこの場所では太陽は海から上がらないんですけどね(笑)


日の出とともにライダーが続々と出発して行きます。が、私たちは寝坊してしまった仲間を待ってからの出発になりました。

ちなみにグーグルマップを見たら、ここだけ大渋滞している表示で真っ赤でしたよ♪


高速道路に乗ってまずは長野県松本市を目指します。途中のサービスエリアやパーキングももちろん寄りチェックイン。釈迦堂PAでまずは1ポイントをゲットです。


次に諏訪サービスエリアで休憩していたら、びっくり!以前SNSつながりで遊んでいたバイク仲間にバッタリしました。彼も初参加だそうで、仲間と一緒に走っているそうです。ではゴールで!と再会を誓い出発。


まだ先は長い!走りますよー!


松本で一般道へ、高山方面へ向かう国道158号を走ります。途中道の駅も寄ります。

「道の駅風穴の里」、「道の駅ななもり清見」で2ポイントずつ獲得。再び高速道路に乗り「飛騨河合PA」、「飛騨白川PA」、「城端SA」で1ポイントずつ獲得。最後は指定「道の駅福光」で3ポイントを獲得。合計12ポイント。これでルールの課題はクリアです!

  • いざ、日本海側へ出発!

さあゴールの千里浜を目指します!

途中のパーキングや道の駅もでしたが、とにかくバイクが多い!


それもそのはず、3800台ものライダーたちが千里浜を目指しているのです。(やむを得ない理由でキャンセルやリタイヤをされた方もいますが、エントリーしない・エントリーできなかった方でも、セルフSSTRをされている方もいると聞きます)

いよいよ砂浜へー!いやっほー!!


全長8キロある砂浜にはすでにバイクがいっぱい。ゴールしてしまうとそのまま駐車場へ誘導されて浜には戻れないため、その手前でバイクを並べて記念撮影しまくります。逆光ですがね…orz

そしてここで忘れてはいけない、ゴールのチェックインです。

(ゴールを抜けてからでなくても、千里浜上であればゴールができるようになっていました)


途中オフィシャルのカメラマンさんがあちこちで待ち構えていて、写真を撮ってくれます!(オフィシャル写真は後日販売)

さあゴール!

手前に協賛会社のフラッグが両脇にずらっと並び、テンションがあがります。ゴールを抜けた先には地元の方々が手を振って出迎えてくれていて、感動しきりっ

こんなに歓迎されて迎えるゴールは嬉しさでいっぱいになりますね!


そのまま駐車場へと誘導され、バイクを停めて徒歩で浜へ降りて受付をします。

スマホの画面を見せて、ガイドブックにある記念品引換券を渡して、オリジナルのトートバッグに入った記念品を受け取ります。これで完走チェックインも完了です。

(トートバッグにはこんなに入っていました)


地元の協賛なのでしょうか。アサリ汁やイノシシ汁、おにぎりの提供もありました。

お出汁がとてもよく出ていて、疲れた体にしみわたりました。

そのあとは後からゴールする仲間を待ったり、イベントをやっている協賛会社ブースへ行ったり。

それにしても暑いです…

ひとしきり堪能したのでホテルへと移動しましょ。

(会場では日の入り時には花火の打ち上げがあるそうです)

途中、夕日がとってもきれいでパチリ。

(写真だと上手く伝わりませんね…)

ホテルは「ロイヤルホテル能登」。すでにSSTR参加のバイクがいっぱい停まっています。エリアが仕切ってあってバイク専用エリアを準備してくれているのが嬉しいですね。

すでに19時を回っていてとにかく座ってゆっくりしたい!それと夕飯!

食事はブッフェ形式、ここはお刺身が美味しいとのこと。大好きなブリ刺しがあったのでいっぱい頂いてしまいました。

大浴場の温泉で汗を流し、ゆっくりしていたらあっという間に眠気に襲われて、バッタリと就寝です。

  • 無事ゴール!帰るまでがSSTR!

26日

朝食もブッフェ。朝からバッチリおいしく頂きました♪

さあ、また千里浜へ戻りましょう。


集合写真の撮影や突出参加者(最年長、最年少、遠来 等)の表彰式、トークショー、協賛品のジャンケン大会などイベントが盛りだくさんです。

ゆっくり出たため集合写真には間に合いませんでした。

しかし表彰式ではハンディキャップがあるライダーと、長距離を走ってゴールしたライダーの表彰もあり、そちらで友人たちが表彰されるという嬉しいことがありました。


さらに!

「DAKAR RALLY」で10連覇を果たしたHINO TEAM SUGAWARAのエースドライバー菅原照仁氏と2017、18年のダカールライダー風間晋之介さんが登場。菅原さんは出場マシンの日野レンジャーで千里浜を走らせ、風間さんはYAMAHA WR450 RALLYで疾走、歓声しかでないコラボを見ることができました!


すべてのイベントが終了、会場を出て近くのファストフード店で一休みして帰路へと出ます。

往路はひたすら千里浜へと走ったので帰路はくねくね道を走りたい。なるべく下道を選んでいきます。


能登半島を氷見市へ横断、富山市へと向かう途中で真新しい道の駅を見つけました。

「道の駅 雨晴(あまはらし)」https://michinoeki-amaharashi.jp/

目の前が日本の渚百選の一つに選ばれている景勝地、それを展望台から眺めることができます。磯で遊ぶ親子連れも多く、また2階にあるカフェは人気のようでお昼を過ぎていた時間ですが人がいっぱいでした。

いい加減お腹が空いてきました。しかしあまりの暑さに冷たい麺が食べたいぞ!という気分。実は富山に来て気になっていた「8番らーめん」(https://www.hachiban.jp/)に冷やしラーメンののぼりを発見、寄ることにしました。


調べたら1967年創業の老舗のお店でした。1号店は国道8号線沿いだったためそこからの「8」なんだそうです。さっぱりして美味しかった!

(写真がありません。涙)


ルートは国道41号→国道471→国道158号→県道26号→国道19号とつないで塩尻市内へ。県道26号は細くて少々路面も悪かったのですが、交通量が少なくそこそこワインディングもあり楽しい道でしたよ。

塩尻市内で洗車場を探し洗車、千里浜での塩分を落として高速へ乗ります。

高速道路のパーキングなどでもSSTR帰りのバイクがいっぱいでした。


2日間の走行距離は1101.3キロ。

おんぶに抱っこだった今回のSSTRですが、次は下道で美味しいものを食べながらや景色を見ながら走るのもいいなと思っています。

あれ、すっかりSSTRの虜ですね(笑)


本日のツーリングルートはこちら↓↓


制作・協力

NANA-KO

バイクの窓口事務局

他エリアのツーリング記事を絞り込んで探すバイクの窓口アイコン

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す