TOP

中古バイクを探すならバイクの窓口

【兵庫】春待ちツーリング♪綾部梅林&ワンオフカフェを巡るプチ旅

  • バイクのツーリング記事
  • 2021.03.07

【ちゆの毎日にりんびより】vol.7。今回は兵庫県たつの市御津町の「綾部梅林」へ!毎年の恒例行事となっているそうです♪

まだまだ風の冷たい2月。


兵庫県南西部、播磨のおだやかな南の海に面した、たつの市御津町「綾部梅林」へ向かいました。


海に近づくにつれて、切るような突風&濃厚な潮のにおい。


梅林へのアツい期待が高まります。


まずは、綾部梅林のふもとの菜の花畑にて撮影。


この日は「曇り&ときどき晴れ間」の予報で、バイクにはちょっぴり不向きな強い北風が吹きすさんでます。


それでも梅をひと目観たい気持ちがまさり、ツーリング決行となりました。

  • 綾部山入口に到着!

まだ3~5分咲きでも、じゅうぶんに春の訪れを感じさせてくれる梅の枝。


空に向かってイキイキと伸び、空の青によく映えます。


見上げながら、「寒いけど、バイクで来てよかった!」とホクホク。


個人的には、2月も立派なバイクシーズンです。


入山料を払い、いざ登山道へ。


運動不足のため、息がはずむくらいの傾斜具合です。


綾部山中腹より北東をのぞむと、春霞みで遠くの山並みが青く煙っています。


はぁ…けだるくて春らしいかすかな陽気が心地いい…(眠)。


奥にみえる菜の花とあいまって、すぐそこまで近づいている本格的な春に弾むココロ。

  • お昼ごはんは姫路名物の「駅そば」

さて、登山でほどよく足が疲れた頃、山頂あたりにご飯処を発見。


おいしそうな香りがあたり一面に漂い、吸い寄せられるように入館です。


ちょうど昼どき、お弁当や麺類、おにぎりなどの軽食メニューが盛り沢山。


私がチョイスしたのは、有名な姫路名物の<駅そば>。


(駅構内でなくてもアツアツが食べられるとか至福…!)


寒かったので、唐辛子をドッサリかけていただきます。


自然満喫のあとの麺類って、おうちで食べるよりも20倍おいしい…!


駅そばは「そば」と銘打っていますが、その実は細めの白うどんのようなあっさり食感です。


そして建物のお隣では、なんと猿回し♪


(このお兄さん、TVで見かけるお顔…!有名な方じゃないでしょうか!)


プロの猿回し&天才的な動きのお猿さんを間近でみられて、この上なくおめでたい気分。


新春気分を満喫。満ち足りたお腹で、さらに山頂付近を散策です。


まだつぼみで遅咲きの梅の木の下には、やさしい顔のお地蔵さんが。


(コロナ収束を願ってくれているかのよう)


日暮れが近づき寒さが増したので、名残惜しいながらも、下山の運びとなりました。


梅林訪問は、私の中で毎年の恒例行事。


なんとなく、梅をみないと春が迎えられない気がするんですね。


梅見は、桜を迎えるための前準備みたいなものです。

  • ワンオフカフェ閉まってる…涙

こちらは、綾部梅林のすぐそばにある関西バイク乗りのメッカ、海沿いのバイクカフェ「ワンオフカフェ」さん♪


経営者のお姉さんがとてもたおやかな雰囲気&カッコイイ!大型のカワサキ乗りさんです。


しかし閉まっている…!(定休日にご注意)


やはり下調べなしに、思いつきで来てはいけないことを痛感。


ランチもドリンクもお手頃価格ですごくおいしいのに…。


それでも、この夕暮れの妙なる絶景がご馳走代わりです。


この日はとりわけ、たなびく雲が神々しい…!(なにか降臨してきそう)


そして嬉しげに、夕日をバックに愛車の撮影を開始。


撮影アングルにこだわっているうちに、スマホの撮影枚数がとんでもないことになっていました(バイク撮影あるある)。


こうして海を〆に、充実のバイクデーを終えたのでした。


「コロナで先行きが見えないながらも、この春も三密を避けながら走りたい」。


そんな思いで、本格的な春の明けを待っています。

制作・協力

ちゆ

バイクの窓口編集部

他エリアのツーリング記事を絞り込んで探すバイクの窓口アイコン

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す