TOP

中古バイクを探すならバイクの窓口

【千葉】チバニアンとの遭遇

  • バイクのツーリング記事
  • 2017.12.01

今回は千葉県、房総半島周辺をツーリング。今話題のチバニアンをはじめ、千葉の魅力が凝縮したレポートです。

久しぶりの好天、穏やかな空模様となった11月最終土曜日、

遅い紅葉を愛でに千葉房総へ出掛けました。

  • 現在のチバニアンは大盛況!

おりしも「地球磁場逆転地層(チバニアン)」が教科書に採用され

可能性が濃厚との事もあって、好奇心を満たしに立ち寄りました。


「飯給(いたぶ)」駅の隣に位置します。

但し、今は注目を集めすぎて見学者が殺到しており、最寄りの

公民館前無料駐車場は利用できません。


12月の半ばまではパーク&ライド、無料のシャトルバスが

出ていますので、それを利用する形で見学します。

行ってみようと思われる方、朝一で向かわれた方が良いですよ。

10時を過ぎると、人が多くなってバス車内で座れません。

地層そのものも見物渋滞となるでしょう。

この地層は、地球の気候変動の引き金の一つとなった磁場逆転の

証明となる地層で、大変貴重な実態資料だそうです。

詳細は先人のWEB等検索してみて下さい。

続いて、県道182号通称「もみじろーど」。

志駒川沿いの紅葉が続く道です。

12月頭が紅葉のピークでしょう。

千葉は養老渓谷が紅葉の見所の一つですが、

バイク乗りであればこちらの方がお勧めです。

ワインディングが続き、紅葉の時期を避ければ空いています。


今回は、紅葉狩りの一般車増加覚悟で走りましたので、

ゆったりのんびり走っています。

  • お昼は田舎寿司「茂八寿司」へ

その後、県道34~県道88号を経由し、船形漁港の田舎寿司

「茂八寿司」へ。

大判のほの甘い厚焼卵が特徴の店です。

館山の「田舎寿司」と呼ばれるものは、現在の二貫で出される

江戸前寿司以前の姿を今に伝え、一貫で二貫分かそれ以上の大きさです。

お寿司だけの写真ではその大きさが伝わりませんが、

人物と一緒に

写ったモノではその大きさが伝わるでしょう。

館山では数件の田舎寿司屋が有りますので、トライしてみて下さい

地魚メインや、今回のような大判厚焼卵といった特徴が有ります。


ひとつアドバイス。かなりお腹を空かせて行くべきです。


小食の方や女性は、ご飯少な目と言った方がベターかも知れません

今回も先客の御夫婦が、だいぶシャリを残してしまいお店の方に

謝ってましたから。

  • 漁港を散策し帰路へ。内房総からは富士山が・・!

その後漁港を散策し、

国道127号を北上し途中の

かなや温泉「海辺の湯」にて温まり、館山道で帰路としました。

夕焼けの富士山シルエットはこの辺りから撮影です。

好天で、内房からはずっと富士山が見えました。

遠望では横浜ランドマークやベイブリッジ、川崎の工場群も。

こうした穏やかなツーリングは年に数回有るかないかです。

温暖な房総は、これからの季節がライダー向けでしょう。


綺麗な海と空と山、空気、美味しい食べ物、温泉でリフレッシュ。

日が短くはなりますが、皆さんも是非出掛けてみて下さい。


この記事のツーリングのルートはこちら↓↓


制作・協力

バイクの窓口事務局

他エリアのツーリング記事を絞り込んで探すバイクの窓口アイコン

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す