TOP

中古バイクを探すならバイクの窓口

【沖縄】レンタルバイクで沖縄本島1周ツーリング!北部エリア編

  • バイクのツーリング記事
  • 2017.09.03

2輪ライターMATUさんのバイクツーリングレポート。引き続き【沖縄県】で今回は北部エリア編!那覇市内→58号線北上→A&W名護店→古宇利島→名護バスターミナル→329号線→海中道路→平安座島、浜比嘉島→勝連城跡→Jef与那原店→首里城の順路です。時間を忘れる程の風景をご覧ください!

前回に続き、今回は沖縄本島の北部エリア(中部地域含)をツーリングして行きます。

沖縄の道路や雰囲気を楽しむ為、オール下道での移動。


那覇市内を出発し国道58号線を北上し、名護市内から今帰仁村の古宇利島を経由して

329号線に入りうるま市の海中道路を目指して行きます。


那覇市内→58号線北上→A&W名護店→古宇利島→名護バスターミナル→329号線

→海中道路→平安座島、浜比嘉島→勝連城跡→Jef与那原店→首里城

  • 沖縄の雰囲気を感じつつ古宇利島へ

那覇市内から国道58号線を北上します。

58号線は、沖縄特有の交通事情があり少し走行しにくい印象です。


時間帯によりバス専用レーンがある、那覇市内から嘉手納町まで2輪車は、

一番左車線しか走行してはならない(右折時除く)などの規制がありました。


特に、市街地では渋滞が激しく左車線以外に走行するこが出来ないのは、快適性に欠けます。

58号線を北上するごとに景色が変わり、

嘉手納町に入ると米軍基地があり米軍の軍用車両や基地関係者のYナンバー車両、

戦闘機の飛び立つ姿など普段見ることができない物を見ることができました。


道路の脇には、ヤシの木も点在しています。

恩納村に入る頃には海岸線沿いに出るので、

美しい海を見ながらクルージングを楽しむことができます。


ほとんど市街地走行でワイディングなどはありませんが、

景色を堪能しながら走るにはとても良い道です。


名護まで来るのに那覇市内から70キロ程の距離。

ちょうど良い距離も走り、お腹も空いたので名護市内でA&W名護店に入りました。

A&Wは、アメリカのハンバーガーショップで日本では沖縄だけで展開しています。

ルートビアと呼ばれるドリンク(アルコールは含んでいません)が名物だそうなので

ハンバーガーセットとルートビアを注文。


ルートビアをさっそく飲んでみましたが・・・筆者には苦手な味でした。

表現が難しいのですが、飲んだ瞬間に甘みと湿布の香りが同時に来る感じです。

喉に効きます(笑)


ハンバーガーやポテトは美味しかったです。

名護市内から今帰仁村に入り古宇利島へ。

古宇利大橋は、屋我地島と古宇利島を結ぶ全長約2キロ程の橋です。

古宇利島入り口の古宇利大橋に差し掛かった時の景色には思わず・・・

おおっキレイ♪と言ってしまう程の美しさ。


橋の両サイドにも美しい景色が広がります。

古宇利島の小高い丘から眺めることができる、

コバルトブルーの海に橋のコントラストは本当に綺麗でした。

  • 名護市から海中道路のある平安座島方面へ

名護市内から国道329号線を使い本島の東海岸を南下していきます。

その前に、1ヶ所思い出深い場所に寄りました。名護バスターミナルです。


17年程前に沖縄旅行に来て、夜になり右も左もわからない状態の時に

こちらのバスターミナルにある食堂のおねーさんにお世話になったのです。


その時に食べた唐揚げ定食の味と思い出が忘れられずに、再び訪問しました。

バスターミナルも食堂も全然変わっていませんでした。


店内も当時の面影のままで、メニューにも唐揚げ定食がありました。

当時の思い出に浸りながら、唐揚げ定食をいただきます。

味も変わらないようで美味しかったです。


329号線に出て景色を堪能しながら南下し、本島中部に位置するうるま市へ。

うるま市にある海中道路は、本島と4つの島を結ぶ全長4,7キロ程の橋です。


ちょうど、行った時は干潮の時で画像で見たような青い海の光景は見れませんでしたが

別の貴重な光景を見ることができました。


それは、干潮時に現れる浅瀬の光景です。

もともと橋ができる前は、

島の人々は渡し船か干潮時に現れる浅瀬を徒歩で横断していたとか。


海中道路の名称由来も、

浅瀬を徒歩で横断していた潮川渡い(スーカ―ワタイ)から来ているそうです。


海中道路の真ん中辺りには、道の駅あやはし館があります。

店内には、沖縄の特産品などが販売されていました。


海中道路を渡り、平安座島に入り海岸線沿いを走りながら宮城島、伊計島まで進みます。

伊計島は、サトウキビ畑などが広がって長閑でした。


来た道を戻り、今度は平安座島から浜比嘉大橋を渡り浜比嘉島に入ります。

浜比嘉大橋からは、コバルトブルーの海を眺めることができました。

  • 329号線で那覇市内方面へ

再び、ルートを戻り国道329号線に出る途中、

今度は世界遺産の勝連城跡に寄ってみました。

勝連城は15世紀に貿易によって、

勝連に繁栄をもたらした阿麻和利が居城したとして有名だそうです。

城の頂上からは、海が見えて綺麗です。

しかし、それ以外は城跡なので城壁しかありません。

329号線に出て、中城村を南下し与那原町へ。


与那原では、本日2軒目のハンバーガーショップJef与那原店に寄りました。

Jefは、沖縄でハンバーガーを販売するファストフード店で、いわば沖縄のハンバーガーショップ。


メニューもゴーヤーバーガーなど沖縄チックなメニュー。

せっかくなので、人生初のゴーヤーを食すべくゴーヤーバーガーのポーク入りを注文。

恐る恐る食べてみると・・・苦い、いや渋いという感じの味です。


ふわふわの玉子とポークの間にゴーヤーが入っており、慣れてくると美味しく感じました。

大人になるとわかる味でしょうか。


最後は、那覇市内にある世界遺産の首里城へ。

バイクを止め、首里城の入り口まで歩いて行きましたが、

暑さで体力を消耗していたので城内には入りませんでした。


周りの城壁などは、歴史を感じさせる作りです。

今回、初のレンタルバイクでツーリングをしてみましたが、

快適に楽しむことができました。


沖縄本島を、南部、北部地域に分け走った感想は、

本当に美しい景色を堪能することができます。


自分のバイクで走るのもいいですが、レンタルバイクで気軽に、

また旅行ついでにツーリングなんてのもアリなんじゃないでしょうか。


「本日の立ち寄りスポット」

■A&W名護店 名護市東江5-16-12

       24時間営業

       0980-52-4909

■お食事処 がじまる 名護バスターミナル内 名護市宮里444-1

          7時~19時

          0980-52ー2815

■Jef与那原店  与那原町上与那原467

        24時間営業

        098-945-3501


次回からは、また自分のバイクでツーリングです。



沖縄へレンタルバイクで出かけよう。

きっと、休日がもっと楽しくなる・・・

全国120拠点・原付からリッターバイクまで

WEBより予約から決済まで・・・

ご予約はこちらをクリック↓↓

制作・協力

MATU

バイクの窓口事務局

他エリアのツーリング記事を絞り込んで探すバイクの窓口アイコン

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す