他カテゴリ記事を絞り込んで探す

他エリアのツーリング記事を絞り込んで探す

【岐阜】地元下呂温泉ツーリング!(後編)

  • バイクのツーリング記事
  • 2022.10.28

【☆地球を駆け回る!旅リポライダーELISのモトレポート☆】vol.36。秋ツーリングで地元の下呂温泉へ行ったそうです。今回は後編で、幼少期に訪れた懐かしの場所だけでなく、地元の新しいスポットも散策したそうです!

みなさんこんにちは!ELISです。

 

前回の下呂温泉ツーリングの記事に引き続き、今回は後編。 子供の頃、車で連れてきてもらった道をバイクで走るとまた違った景色で新鮮!

懐かしい場所だけでなく、これまでは訪れたことのなかった場所へも足を運び、地元の新しいスポットも散策しました。

 

【目次】

1.下呂温泉街を大満喫

2.飛騨金山で筋骨巡り

3.そらふさがり

 

  • 下呂温泉街を大満喫

コーヒー代300円だけでモーニング!

私のバイク旅は基本素泊まり。朝も夜も宿周辺の地物を扱うお店や、地域の人に聞いたおすすめのお店を訪れ、楽しみます。

 

朝食は、前日訪れたライダーが集まるランチ×バーのお店「BORO」のオーナーさんの紹介で、近くの喫茶店「あるぶる」へ。

 

なんと、コーヒー1杯300円にパンとミニサラダがつく驚愕のモーニングでした。ふんわりとした、芳ばしい香りのするパンとサラダがちょうどいい!

地元の人だからこそ、知る人気のお店でした。

 

下呂温泉街の入り口には足湯ならぬ「手湯」がありました。

手湯があるのは、生まれてこの方30年、これには気付かず新しい発見でした。そして何気に、撮影ポイントにもなります。

 

 

地元民に愛され続ける幸之湯

幸之湯は、子供の頃に両親や祖父母に連れられよく訪れた銭湯です。変わらない建物の作りに懐かしい〜!と胸が高鳴りました。7種類のお風呂があるほか、休憩や宿泊施設も併設されています。

 

また下呂温泉街には、他にも下呂温泉発祥、大正15年から続くの「白鷺の湯」「河鹿の湯」などもあるので、近くでキャンプをして街湯でのんびり過ごすのもおすすめですよ。

 

幸之湯近辺には、お土産売り場が立ち並んでいるので帰りにはお土産散策もお忘れなく〜!

それでは、下呂温泉を出発!!

 

  • 飛騨金山で筋骨巡り

下呂温泉から20キロほど走り、飛騨金山へ向かいました。最近、話題の新スポット「筋骨巡り」ができる場所です。

 

「筋骨」というのはこの地方の方言で、狭い路地のことをそう呼んでいます。筋骨の由来は、筋と骨とかく言葉の通り、人間の体例え複雑に絡み合ったせまい道のことを言うのだそう。

飛騨金山の金山宿には、立ち並ぶ民家の隙間に筋骨が張り巡らされており、昭和の雰囲気が残る長閑な風景を楽しむことができます。

 

せまい路地が続き、私有地に入ってしまっているのではないかとドキドキしてしまいますが、ちゃんと公道なんです。

 

昔ながらの和菓子屋、お肉屋さんで食べ歩きをしながら観光をすることもできるほか、酒蔵ツアーなども開催されてもいるそうですよ!

 

  • そらふさがり

41号を名古屋方面へ向かう道中、七宗にあるディープなスポットへ立ち寄りました。実はここ、偶然であったライダーに教えてもらった名所で、林道を抜けた先にあります。舗装はされているのですが、ところどころ陥没していたり、道幅は狭く、携帯の電波も入りません。

 

オフロードバイクではない方は、慣れない道になるのでいつも以上に注意をして、目的地まで行ってくださいね!

 

林道入り口から約2キロ。10分ほど走り、たどり着いたのがこちら。

名前の通り、木々が生い茂っている為か、そらが塞がれています。

 

またまた新しいスポットの発見になりました!自然の中にバイクと身をおき、とってもクールな写真の撮影もできますよ!

 

白川七宗御殿

 

そして最後の立ち寄りポイントは、白川園七宗御殿。地元の特産物が販売されているほか、ランチや小休憩、トイレ休憩ができます。観光バスやライダーもよく立ち寄る場所です。

 

ここでは広い地域のお土産が販売されているのですが、面白いのが、なぜか秋田の稲庭うどんが売られ続けていること。今回もなぜか、販売されていました。笑

 

どこにうどんがあるか、立ち寄った際に探してみてくださいね!

 

今回は、地元を満喫するバイク旅でしたが、新しい発見が本当にたくさんで最高に楽しかったです!

次はどこへ行こうかな〜と計画を練っているところ。また次回もお楽しみに!!

 

制作・協力

ELIS

バイクの窓口編集部

オークネット提供サービス一覧

© 2016- AUCNET INC.