TOP

中古バイクを探すならバイクの窓口

【三重】絶景スポット「象の背中」を目指して!ツーリング&トレッキング

  • バイクのツーリング記事
  • 2019.12.26

【迷走ライダーSHINの行き当たりバッ旅】Vol.92。今回は絶景スポット「象の背中」を目指して、三重県にある便石山へ!ツーリングとトレッキングの融合を楽しみました!

今回のバッ旅はバイクとトレッキングの融合です。

バイクで走るだけでも楽しいのは当然ですが、それにプラスしてトレッキング・・・・。

そしてトレッキング後の絶景に感動、最高だと思いませんか。

それではレポスタートです。
  • 高見山ループを抜け、便石山に到着

「象の背中に行こう!」

前々から家族で象の背中を歩きに行こうと、話がでておりました。

しかしながら、ネット情報では象の背中を歩くのって、結構ハードルが高いらしい。
そもそも象の背中って何???


そんな訳で、家族に先立ち僕が下見に行ってきました。

早朝、6時に出発。
道中、奈良県道16号線沿いの日本オオカミに行ってきますの挨拶。


国道166号線をいざ東へ!

高見山ループをグィ~~ンと抜け…


国道422号線から三重県道31号線で国道42号線に抜けます。

国道42号線を南下しマンボウの道の駅はスルー、更に南下。

熊野古道入口。


この近くの更に山奥にバイクを止めます。


さぁ、象の背中を歩くため…
エネルギーチャージ笑


ライディングシューズからランニングシューズに履き替えます。

準備万端笑


象の背中は便石山の頂上にあるとのこと。
頂上までは90分…汗


さぁ!気合入れて登るぞ~~!

  • いざ、象の背中へ!

登ること5分経過…


「これ、アカン道やん!」


既にヘトヘト、ゼェゼェ状態・・・。

延々と続く登り階段・・・。
と言いますか、石段。自然の石段??

不揃いの石段にペースもつかめません…
シダをかき分け登ります。


残り時間の看板を見て更にショックを受けます。


鉄塔の下に来ました。どうやら道は間違って無いようです。


まだまだ登ります。この時点で2回ほどもうやめようかと思ったのも事実です。


そして、ついに頂上!
もうヘトヘト~~。


三角点もあります。


さて、肝心な象の背中を…
周りを散策して看板発見!


どうですか?


これはまさに像の背中でしょ?
絶壁にせり出した岩がなんとも像の背中に見える場所です。

まさに絶景!

写真ではこの程度しかお伝えできないのが残念です。

おそるおそる、歩いてみます。
もちろん、横は奈落の底…
足を滑らしたら…はい!さようならの世界。


はい!ポーズ!笑


山登りの疲れもあって、結構、足はガクガク震えているんですよ。

先っちょまで行ってパチリ。


しかし、これほどの恐怖と絶景を味わえるスポットは他に知りません。

気持ちいい!最高です。
しんどい思いして来て良かった~~!

しかし、これは家族はムリだろうなぁ。この山道は本当にキツイです。帰って報告します。
  • 小象の背で絶景ランチ

さて、ランチタイム。

像の背中の近くには小象の背も笑


ここからもまた絶景!


この上で…


最高に美味しいです。

コーヒーも沸かし、しばらく寝転び休憩…これがまた気持ちいい。

さぁ、イヤだけど降りましょうか。
下りは膝にくるんですよね汗

でも、登りの3倍の速さで下りきりました。


そして帰路へ。いろいろ寄り道したかったのですが、それはまたのお楽しみに。

尾鷲から池原ダムまでの国道425号線がまたもや通行止。


別ルートで池原ダム方面からそのまま国道169号線で帰路につきました。

翌日の筋肉痛・・・

最強でした涙

たまにはこういったツーリングもいいもんですね。毎回はイヤですけど笑

制作・協力

SHIN

バイクの窓口事務局

他エリアのツーリング記事を絞り込んで探すバイクの窓口アイコン

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す