TOP

中古バイクを探すならバイクの窓口

【静岡】知っているつもりでも新たな発見があるはず!伊豆ツーリング

  • バイクのツーリング記事
  • 2019.12.30

KAZU中西の鋼騎馬ラプソディVol67。今回は伊豆ツーリング!慣れた場所のツーリングも、行く度に新しい発見があって楽しいですよね♪

  • 変化に気づけば面白い慣れた土地のツーリング

伊豆半島に住んでいる僕にとって、毎日が伊豆ツーリング。まぁそうしたいから、伊豆に移住したということもあるけれど、慣れた道でも走る度に何らかの変化があって、それに気づくと得した気分。様々な事情で前回はいけなかったけれど、今回は行けた!そんな店もあったり。ちょっとしたハプニングも、その都度違いますからね。だからツーリングって面白いのだと思います。今回は僕が所属するオートバイクラブ『TOMCATS』のツーリング=TOMCATS2019年秋季ドライブの話です。


本拠地は山梨県のTOMCATS。メンバーは北海道から沖縄まで、幅広いエリアにいます。よって出発地点はアクセス性の良い本州のどこかになることが多いです。今回はアネスト岩田ターンパイク、大観山となりました。


関連リンク

アネスト岩田ターンパイク箱根

https://www.htpl.co.jp/



この日は台風19号の爪痕で、箱根十国峠線が通行止め。ならば!と、頼朝ラインを走って多賀に出ました。多賀から山伏峠を経由して伊豆スカイランで南下する作戦です。



伊豆スカイライン山伏峠ICから入って南下、終点の天城高原ICへ。伊豆に移住して20年、伊豆スカ事故ゼロ小隊の活動で10年も走り続けているルートですが、山稜の観光道路で景色が良いだけでなく、鹿が飛び出したり路面凍結がったりと、毎回同じ状況でないことが面白い。危険な状況を躱せるように、いつでも止まれる速度を心がけているから、鹿や猪にぶつかったりすることは無いですけど、センターラインを割ってくるオートバイやクルマにはヒヤッとイラっとさせられますね。こちらが避けてあげなければ正面衝突するわけだから。


関連リンク

伊豆スカイライン

http://siz-road.or.jp/sz/road/izusk/



伊東の池まで行き、土砂崩れ&水没した現場を視察。この辺りの田畑がすべて水に浸かったそうで。地域住民はかなり恐怖を感じたことでしょう。自然災害は他人事ではない!復興の手助けとなるのは、その地でお金を使うこと。なので、近くのとんかつや屋で昼食をとりました。



もう何十回行ったか覚えてないほど、頻繁に立ち寄るオレンヂセンターです。定番的に飲むのはウルトラ生ジュース。この日は極早生ベースのオレンヂジュースで、ハチミツとのハーモニーが絶妙!これでまた、寿命が3年延びました。


関連リンク

伊豆オレンヂセンター

http://www.ultra3nen.jp/



TOMCATSドライブに宴席は欠かせない(笑)というわけで、1泊2日のパターンが多いです。東伊豆から河津を経て、国道414号線から国道136号線へとつないで土肥を目指します。宿泊したのは土肥のペンションいずみ。夕食のボリュームと部屋のサイズが僕ら向きで、ゆったりのんびりのひと時を過ごしました。


関連リンク

ペンションIZUMI

http://www.p-izumi.com/

  • けっして強欲なわけではないです

明けて翌日は、僕のお気に入りスポットである土肥金山へ。けっして強欲なわけではないです。金(ゴールド)が好きなだけです。


見学坑道を廻って黄金館へ。世界一の大金塊は、いつも変わらず鎮座しています。これ一つで12億円以上!直接撫でることも可能です。


黄金館を出て砂金採り体験へ。みんな無口になって、一心不乱に砂金採りトレーを動かしています。けっして欲深いわけじゃない。金(ゴールド)が好きなだけです。


関連リンク

土肥金山

https://www.toikinzan.com/



土肥金山から南下して、下田で昼食。実は伊豆在住でありながら、むさし初来店。歴史のある手打ちうどん&そば屋で、ずーっと気になっていたのだけど、僕の休みと店の営業日が噛み合わなかったので行けなかったというわけです。念願叶った!


関連リンク

むさし

http://shimoda100.com/restaurant/musashi/



下田から北上して湯ヶ島へ。東京ラスク伊豆ファクトリーがこの日の終点となりました。ロイヤルソフトクリームを食べて解散。各人の住処へ帰りました。道中はバッテリー液の不足という珍しいトラブルがあった程度で、大した事件も無し。海千山千の単車乗り集団ですから安全第一、飛ばし過ぎて転倒とか道交法違反で検挙されることも無いです。とはいえ、仲間と一緒に走れる面白さは毎回同じではないし、知っているつもりの景色や道路も僅かに変化していたり。そういう発見がツーリングの醍醐味なのかな?とも思います。


関連リンク

東京ラスク伊豆ファクトリー

https://www.tokyorusk.co.jp/user_data/izu_factory....

制作・協力

■ライター:KAZU中西

文筆業をメインにステージMCやラジオDJ(FMIS・カズ兄さんのモーターレボリューション)で活躍。

現在Z2(Z750Four=KZ750D)、VMAX(RP22J)、XJR1300(RP17J)を所有

プライベートではTOMCATSというモーターサイクルクラブに所属しツーリングやキャンプを満喫。

オートバイ以外の趣味はモーターボート。


バイクの窓口事務局

他エリアのツーリング記事を絞り込んで探すバイクの窓口アイコン

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す