TOP

中古バイクを探すならバイクの窓口

【遠藤イヅルの珍車カタログ】第113回 ベスパ・150TAP

  • おすすめコラム
  • 2020.12.20

毎週お届けするイラストレーター遠藤イヅル氏による名車・珍車を紹介するコーナーです。今週の珍車は、1950年代にフランスで開発された即製戦闘車両「ベスパ・150TAP」のご紹介です。

■ベスパ・150TAP ■エンジン:単気筒2ストロークエンジン


世の中には「知るとびっくりするバイク」があります。

今回ご紹介する「ベスパ・150TAP」は、まさにそれ。

珍車コーナーにふさわしい一台です。


ベスパ・150TAPの「TAP=Troupe aéroportée」はフランス語で

「空挺」を示します。

つまりこれ、軍用ベスパなのです(見ればわかる)。


車体左側に架装されたアメリカ製M20 75mm無反動砲は、

「左手でシフトチェンジするベスパで、走行中にどうやって撃つんだ」

と思っちゃいますが、

さすがに走行中で発射することはありませんでした。


このベスパは、無反動砲を載せた車両と、

砲弾を積んだ車両の2台1組で運用されたそうです。

パラシュートで2台と兵士2名を降下させた後、

無反動砲を取り外し、砲用の三脚に据えてから

(この三脚もベスパに装備)発射していました。

要するに、無反動砲の輸送用バイクだったのです。


イタリアのバイクですが、開発したのはフランス。

1950年代になんと500両以上が作られ、各植民地に送られたとされています。


それにしても

「ベスパのあの少なめなサスペンションストロークで、

戦場の過酷な環境を走りきれたのか」

「トラブルはなかったのか」

など、いろいろ心配になってしまいました(笑)。

制作・協力

(イラスト・文)遠藤イヅル

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す
CollectionHandle = 113-150tap