TOP

中古バイクを探すならバイクの窓口

【遠藤イヅルの名車カタログ】第16回 ホンダ・フュージョン(1986)

  • おすすめコラム
  • 2016.11.26

イラストレーター遠藤イヅル氏による名車・珍車を紹介するコーナーです。 今週の名車は、ビッグスクーター流行の先駆けとなった「ホンダ・フュージョン」のご紹介です。

■ホンダ・フュージョン(1986)水冷4ストローク2バルブ単気筒244㏄

■最大出力:20 ps / 7,500 rpm ■最大トルク:2.2 kg-m / 5,500 rpm


街を行くバイクの中に、ビッグスクーターの姿を良く見かける。

ビッグスクーターはおおらかな大型車体に余裕のあるパワー、

ゆったり乗れるポジション、2人乗車時のパセンジャーも快適なことなどから

一定の人気を持つジャンルのひとつである。


このジャンルを代表し、かつ先鞭となったバイクが

1986年に登場したホンダ・フュージョンである。

長いホイールベースに足を投げ出して乗るポジションは

スクーター版ローライダーとでもいえる斬新さで、

シートも肉厚で快適、ヘルメット2個を収納出来るトランクなど

街乗りから長距離ツーリングもラクラクというマルチな使い方にも

対応出来る設計が特徴である。


だが、折しも時代はレプリカブーム真っ盛り。

その後はネイキッドブームがやってきたことで

フュージョンは注目を浴びることなく

1998年で一度生産を終了してしまうことに。


でもついに時代がフュージョンに追いついた。

その頃に起きたビッグスクーターブームによって

フュージョンの持っていたポテンシャルに皆が気づいたのだ。


その結果ホンダは2003年に生産の再開を決定。

排ガス規制によって2007年にそれも終了したが、

大柄な車体、カクカクしてちょっとクラシカルなスタイル、

パワーはちょっと足りないけど安定した走りなどから

今でもとても人気があり、ホンダや他のメーカーから

後継や同ジャンルのモデルが数多く発売された後も

街中ではまだまだ元気な姿を見せている。


おおらかなイメージはアメリカ車を想像させるが、

実際に海外でも「ヘリックス(HELIX)」の名前で輸出された。

イラストは、サイドマーカーがまさにアメリカンなヘリックスを描いている。

制作・協力

(イラスト・文)遠藤イヅル

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す