TOP

中古バイクを探すならバイクの窓口

【滋賀】迷走?琵琶湖日帰りグルメツーリング

  • バイクのツーリング記事
  • 2017.09.18

【迷走?ライダーSHINの行き当たりバッ旅】vol.3 。迷走ライダーSHINさんの日帰りグルメツーリングです。琵琶湖周辺は関西ツーリングのメジャーコースのようですね。グルメあり、デザートあり、行き当たりばったりの迷走が楽しそうです!?

今回は琵琶湖の東側への迷走です。

琵琶湖の東側のことを、関西人は「湖東(ことう)」と言っています。

湖東は主に中山道や東海道の宿場町として栄えたところが多く、

鉄道が通るまでは琵琶湖を舟で行き来していたので、

長浜などは重要な交通拠点の港町としても栄えた地域です。

目的地は彦根市の人気レストラン「スイス」


さて、今回は日帰りマスツーです。

とりあえずの集合場所は奈良県の名阪国道沿い道の駅「針テラス」



この「針テラス」は関西の中心部に位置し、関西のヘソ的存在。

関西各方面からの待ち合わせ場所としても人気があり、

週末ともなればバイクが百台以上集まることも珍しくありません。


さて、どこに行くか・・・。

ひとまず、針テラスから名阪国道を経て滋賀県彦根市の「スイス」に行くことになりました。

彦根なのにスイス??


名阪国道から国道422号を経由し、国道307号へ。

90分程度で到着、道の駅 「あいとうマーガレットステーション」


この道の駅の名物はジェラートですが、

今からランチを食べに行きますのでここはガマンです。


ダベリングのみ済ませ、出発です。


滋賀県道2号線に合流し、そのまま北上すると、

でてきました、目的地の「スイス」


この「スイス」、いろいろな意味で有名なのですが、

そのひとつは外観。


こんな感じに蔦の葉に覆われています。今流行りのグリーンカーテン?(笑)

着いた時は、12時前でしたが、既に満席。

僕らの後にも、お客さんが続々と並び行列を作っていました。

30分程度待って入店。


独特な世界観の店内です。


そして、もう一つの特徴が、とにかく安いんです。

注文したのは、名物「スイス丼」、なんと400円!

豚肉と玉ねぎを特性のたれで炒め煮にした具材がライスにかかっています。



そしてもう一品がこれまた名物の「ハンバーグ」

これまたなんと500円~~!



タレは何もかかってないけど、塩胡椒がよく効いているのかしっかりした味付け、

玉ねぎの甘さともよくマッチしています。

両方で900円とはコスパ最高です。

これはバイク野郎にも人気な訳です。


さて、次はどうしようか食べながら打ち合わせ。事前に決めてないんです(苦笑)

食後のコーヒーを求めて更に北上することに決定。


国道8号線を北上し合流する国道21号線を東に進みます。

着いた先は、米原の醒ヶ井宿(さめがいやど)です。

旧中山道の宿場町だったこのあたり、名水が湧き出ており、

初夏から晩夏頃まで、可愛い花をつける水中花(梅花藻)を見ることができます。


ここの名水コーヒーを飲むのが目的です。

  


ここの名水コーヒーはなんと150円!


是非ともこの時期の醒ケ井で梅花藻と名水コーヒーを堪能して貰いたい。

この清流ではスイカやドリンクも冷やされています。


  

体もすっかりクールダウン。

そしてデザートを。



しょうゆソフトクリームもなかなかのモノでした。

ライダーなら穴があったら覗きますよね(苦笑)



さて、次はどうしようか相談。

ここまで来たらあれを買いに行こうと!

そうです「あれ」です。


醒ケ井から北上、メインの国道8号線は混雑必至なので避け、

裏道的な国道365 号線を快走します。



ここまで来たら、やっぱり「つるやパン」に寄らないと罰が当たりますよ(笑)


ここの名物「サラダパン」


サラダとはタクアンのマヨネーズあえのこと。

これがまた癖になる味なんですよね~。

確か、「ケンミンショー」でも紹介されていましたね。

家族へのお土産の「サラダパン」をしっかりと買って今回のツーリングを締めました。


今回の旅も事前に行き先は全く決めずに、その時の気分による行き当たりバッ旅…。

しかしながら、グルメに見所もあり大変充実したツーリングになりました。


どうぞ皆さまもスイス丼をガッツリといってみてくださいね。

制作・協力

SHIN

バイクの窓口 編集部

他エリアのツーリング記事を絞り込んで探すバイクの窓口アイコン

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す