TOP

中古バイクを探すならバイクの窓口

【今週のレア車】Vol.113 ビモータ DB1S

  • その他の記事
  • 2018.05.09

毎週木曜日に行われる業者間バイクオークションに、全国から出品される中古バイクの中から、レア車をピックアップしてご紹介するこのコーナー。 GWの為、2週間ぶりとなった今回は、恐らく日本で最もヒットした、初のドゥカティエンジンを搭載したDB1のパワーアップ版、Sです。

ビモータの成り立ちについては、以前Vol.73のDB4の際にご紹介しましたので詳しくは

割愛しますが、それまでの手作り、ベースエンジンの車両を丸ごと購入していた初期から、

初めてエンジン単体の供給が可能になり、量産体制を取れるようになった第二期の

最初のバイクが今回ご紹介するDB1となります。 

DB1は1985年に発売、今回ご紹介するDB1Sは翌1986年に発売されました。

また、その名が表す通りエンジンはドゥカティ製で、750F1をベースとした湿式クラッチ仕様

ですが、Sは乾式クラッチ、大口径キャブ等に換装され、69→88PSにパワーアップした

仕様になります。


DB1はそれまでのビモータからすると圧倒的にリーズナブルな価格(HB3あたりで300万円

台中盤だった時に220万円。ちなみにベースのドゥカティ750F1が175万円。)もあって、

特に日本で大ヒットし、450台程生産された初期型のDB1ですら8割程、当時の代理店で

あった福田モータースのオーダーにより生産されたJr(400㏄ですね)やSRに至ってはほぼ

すべてが日本向けだったようです。


デザイン的にはなんと言っても、のちに数々の模倣を生んだフルカバードスタイルにあります。

非常に美しく完成度の高いスタイルで、模倣したモデルは残念ながらどれもヒットしたとは言い難く、

未だその魅力は失せておらず、昨年にはモトコルセさんが1/3スケールモデルを発売したほどです。


もちろんスタイルで売れただけではなく、ハンドメイドならではの手間のかかった独自のトラス

フレームに加えドゥカティのパンタ系Lツインエンジン、当時画期的な前後16インチホイール等に

よるハンドリングが秀逸で、事実ワークスDB1は当時のイタリアTT-F1のデビュー戦で、ドゥカティ

ワークスパンタを押さえ1-2フィニッシュしたそうです。


日本にはまだまだ生息している筈ですが、車両の性格上ハードに扱われているか、しまい込まれて

いるかでなかなか市場には出てこないDB1の、現車は生産台数が少ないS。

マフラー・ホイール等ノーマルとは異なる部分もありますが、走行少なく程度も上々のようですし、

気になる方は是非手にいれてそのスタイル・走りを満喫していただきたいものです。


以前のDB4記事です。是非ご覧ください。

https://www.moto-auc.com/report/else/vol73db4

DB1Sは本来マフラー2本出しなのでこちら側にもあります。

綺麗なトップブリッジ回り。さすがの走行1万Km以下。

制作・協力

バイクの窓口編集部

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す
CollectionHandle = vol113db1s