TOP

中古バイクを探すならバイクの窓口

今週のレア車 Vol.134 アプリリア SXV550

  • その他の記事
  • 2018.10.10

毎週木曜日に行われる業者間バイクオークションに、全国から出品される中古バイクの中から、レア車をピックアップしてご紹介するこのコーナー。 今回は、最強モタードと称される、アプリリアSXV550です。


先日ホンダが、モトクロッサーCRF450の市販版、CRF450Lを発売し話題になりましたが、

今回ご紹介するアプリリアSXV550は、今から遡る事12年前の2006年にモタード専用

ワークスマシンSXV450の市販版、排気量UP版として発売されました。


SXV登場前までは、モタード参戦車両は市販のオフ車を改造したものがほとんどでしたが、

SXV450は燃料噴射水冷Vツイン、スチールトラスフレームにアルミスイングアーム、倒立

フロントフォークにラジアルマウントキャリパー、前後17インチ、リアタイヤに至っては180サイズ

極太でスリックタイヤもはけるという、下手なロードスポーツ顔負けの装備を有しており、

当然のごとくチャンピオンマシーンとなりました。

その市販版SXV550は、公道走行用装備とエンジンデチューン以外はほぼワークスそのまま

構成で、2011年にはマイナーチェンジも行われる等、なかなかの人気を誇りました。

またアプリリアには同時期にシバー750をベースとしてモタードテイストに纏めたドルソデューロ

750も発売しており、大排気量モタード系を2種類もラインナップしていましたが、現在では

ドルソデューロのみEuro4対応で排気量を900㏄にアップしラインナップされています。

(残念ながら日本では発売されていません。)


インプレッションを見ると、ロードスポーツ並みの車体構成も相まって非常に早く、かつ安定して

おり、ワインディングが楽しいバイクのようですが、2速でも普通にフロントが上がるほどの暴力的

なパワーを持っており、乗り手を選ぶ所はさすがワークス直系ならではです。


日本ではアプリリアそのものが決してメジャーではなく、あってもRSV系やスクーター系をたまに

見かける程度で、SXVに至ってはまず売り物を見ることはありません。

現車はそんな希少なSXV550。走行6000Km弱で、業者間オークションで4点がつく

なかなかの上物です。

モタード好きには堪らないバイク、興味のある方は是非手に入れてその刺激的な性能を

堪能してみてはいかがでしょうか。

見えにくいですがマフラーは、テールカウル下左右に振り分けです。

シンプルなメーター回り。77馬力、乾燥重量100kg切り!

制作・協力

バイクの窓口編集部

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す
CollectionHandle = vol134sxv550