TOP

中古バイクを探すならバイクの窓口

【今週のレア車】Vol.56 ホンダ FT500

  • その他の記事
  • 2017.03.14

毎週木曜日に行われる業者間バイクオークションに、全国から出品される中古バイクの中から、レア車をピックアップしてご紹介するこのコーナー。 今回はFTRの先祖とも言えるバイク、ビックシングルのFT500です。

FT500は1982年に発売されたバイクです。


このスタイルはアメリカで盛んであるフラットトラックレース

(ダートのオーバルコースを、カウンターを当てながら周回するあれです)

レーサーをモチーフにした空冷単気筒エンジンのバイクです。


1982年当時と言えば、空前のバイクブームで、ホンダだけで言っても

オンロードモデル400㏄ではマルチ全盛期でCBX400が大ヒット、

またVF400も発売されるなどラインナップが充実しており、

アメリカンやオフ専用モデルも目白押し等、各カテゴリで各社が

相次ぎニューモデルを発売していた真っ只中でした。


そういう中で、ダートトラックレース自体の認知度が日本では低く、

スタイルもご覧の通りおそらく冒険をした結果、オンなのかオフなのか分かりにくくなって

しまった商品コンセプトであった事などもあり、販売は低迷、

今ではFT400もかなりのレア、しかも500となればいったい何台残っているのでしょう、

というぐらいのレア車となっています。


ホンダとしてはこのフラットトラックレーサーカテゴリにこだわりがあったのか、

より実際のレーサー(RS750D)に似せた外装を持つ、

FTR250を4年後の1986年に発売しましたが、

これも人気を博すことなく3年余りでカタログ落ちしています。


しかしながら皮肉な事に、1990年代後半頃からのダートトラックレーサー風カスタム流行、

やヤマハTW200のカスタム人気が巻き起こった事もあり、

対抗車種としてFTR(223)が開発・発売されました。

外観的にはFTR250と殆ど変らないにも係らずFTRは2000年~2016年まで発売され、

ロングセラーモデルとなりました。ブームって改めてすごいと思いますね。


このように時代の波には乗れませんでしたが、FT400/500は単気筒シングル素材としての

評価は高く、好きな人には今でもかなり愛されているようです。

ただしご覧の通りの外観、シングル素材としての人気ということもあり、何らかの改造をされて

いるものがほとんどな中、現車は更に希少な500でほぼノーマル。


程度は年式相応ですので、このまま保存や、コツコツ手直しするもよし、

素材として改造するもよし、シングル好きは注目!ですね。



メーター回り。四角い! ボディ色黒は500の専用色で、400は赤でした。

当時のカタログ。ダート&未来風なんでしょうか。

制作・協力

バイクの窓口編集部

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す