TOP

中古バイクを探すならバイクの窓口

第43回出光イーハトーブトライアル大会

  • おすすめコラム
  • 2019.09.20

【岸田彩美のバイクの楽しさ無限大】vol.68。今回は、8月24日・25日に開催された第43回出光イーハトーブトライアル大会のレポートです。自然×バイクは写真が映えますね♪

  • 自然と戦うトライアル

8月24日・25日に第43回出光イーハトーブトライアル大会が開催されました。


今年は、岩手テレビさんの取材で2日間密着しました。私が密着したクラスは「クラシッククラス」


奥中山高原-普代浜往復の2日間トライアル 山から海へ走り、海から山へ帰ってきます。


2年前私も大会に参加したことはあるのですが、その時は1日トライアルの「ネリクラス」でした。

今回は客観的な立場の目線も含め、より大会の魅力を感じることができました。

また来年の大会に向けて、1人でも多くの方に参加してもらいたい!という気持ちを込めて

レポートさせていただきます。


2日間の大会の天候は、晴れ間と雨模様とコロコロ変わる天気の中でした。山の中だから天気は読めないけれど、真夏だというのに涼しい…更に日陰に入ると肌寒く感じる場面も。涼しく走ることができるのも大会の魅力ですね。


大会のアンバサダーを務める全日本トライアル レディースクラスに参戦中の 小玉 絵里加 選手と一緒に♪ Troy Lee Designsウエアが色違い♪ 


主に3人~4人1組にでお互いに採点しながらセクションを回ります。

実は今年からイーハトーブトライアルのルールが変わったのです。

以前までは少しでも停止をすると、最大減点5点が課せられていましたが

今回からは減点3点になりました。その分セクション難易度が上がった…という声がちらほら聞こえてきましたが、

ゆとりをもって無理せず走れるようになったので、安全になったと言えるでしょう!

中には、クラシックツインショッククラスに参戦する選手もいました。(性能的にハンデが多いバイクなので、技術が求められます)

自然の中×バイク なのでどこで写真を撮っても映えますね。 


また森の中の給油所が、珍しい。


2日目の超景色の良い「天空のセクション」←(勝手に命名) 本当は、「さんだいなべ」と言われています。

見渡す限りの緑と、空が近い!こんなロケーションの中 自分と戦い 自然と戦うトライアル。

こんなに良い環境の中走ることができるのは、この大会しかないと思います。




せっかくなので、あやみんを探せをやってみました。(笑)どれだけスケールが広いか伝わるかな?


移動する際は、一般道路も走るのですが、

ライダーが通るたびに「頑張って!!」という地元の方々の声が響き渡り 手を振り返して合図するライダーも。暖かい時間が流れます。



セクションの近くにある岩に座って談笑しながら観戦する皆様や

ゴール付近で「ナイス~」と掛け声を出してくれる青年たち。

バイクを身近に感じてもらえるのって嬉しい。

  • 地元の方々の美味しいおもてなし

またイーハトーブトライアルの醍醐味味とも言えるのが…!

セクションに向かう道中、ライダーを応援してくださる地元の方々の美味しいおもてなしの数々。毎年ご好意で用意してくださるのです。

もはや超大歓迎ムードですね。


種類豊富な果物や塩分補給の梅干

私もハマった美味しすぎる岩泉ヨーグルトもお出ししてくれました。こちら、本当絶品でして、お土産で買って帰った位です。ぜひ一度食べてみて欲しいです!


こちらは、冷たいスイカにトマト。もちろん近くの農家さんのとれたて。


小学生のお友達もお手伝いしていて、毎年応援しているんだとか!!

バイクに乗ってみたい?と聞いてみたら

まだわかんな~いとのこと(笑)いつかライダーとして出場してくれることを楽しみにしています。


またよく見ていただくと民家のすぐ近くにセクションが作られていますよね。大会が43年も続いてきているのは

地元の方々の協力あってこそ。でもそれだけ愛されている大会なのだと思います。

やはりトライアルの魅力って、観客と近いからなんですよね。スピードを出すわけでもなく、見ててわかりやすいルールだからかな?

  • 来年はライダーとして参加したい!

そしてかれこれ◎0年出場しているベテランライダーも多数いましたね。

景色の綺麗さであったり、人々の暖かさが感じられるからだそう。毎年この日を楽しみに準備をしているという人もいて一度走ったら虜になっちゃうんですね。でもそれは、走らないとわからないかも。私も一度走ったからわかります…今回どれだけ走りたかったか!!(笑)なので、個人的に新たな目標も出来ました。

来年はライダーとして参加、そしていつかクラシッククラスに出る事です!!


もし少しでも興味がある方にオススメしたいのが「初めてのトライアルスクール」

トライアル未経験だけどいつかイーハトーブトライアルに参加したい!という方むけのクラスです。全てレンタルで走れるので、来年ここから参加してみるのはいかがでしょうか!?

※小型二輪(125cc以下)以上の免許が必要です※


お子様向けの親子バイク教室、アドベンチャートライアル もありますし

最近開設されたトレイルトライアルクラスも盛り上がっていました。


大会前には出光ファーストイーハトーブも開催され、本番の大会の雰囲気を感じることができる内容となっています。来年に向けて、ホームページをチェックよろしくお願いします。


最後に2011年3月11日に発生した、東日本大震災で被災されている地域も走ります。

宿泊したホテルは、3階まで津波が襲い、被災しました。そこから立て直した震災の背景も感じ、現地で考えながら走る 良い機会なのではないでしょうか。風化させないためにも、この大会が長く続いて欲しいです。


今回の大会の様子も一生懸命リポートしました!ライダーの頑張る姿を応援し、大会に対する会長の想いを受け取っていただきたいです。

ご協力ありがとうございました。


第43回出光イーハトーブトライアル大会

http://www.ihatovetrial.jp/index.html


テレビ岩手様

http://www.tvi.jp/index.html


アライヘルメット様

http://arai.co.jp/jpn/top.html


RSタイチ様

https://www.rs-taichi.com/

制作・協力

岸田彩美

バイクの窓口事務局

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す