TOP

中古バイクを探すならバイクの窓口

【遠藤イヅルの名車カタログ】第81回 ホンダ・CB750FOUR

  • おすすめコラム
  • 2019.08.18

毎週お届けするイラストレーター遠藤イヅル氏による名車・珍車を紹介するコーナーです。 今週の名車は、1969年に発売された日本初のナナハン「ホンダ・CB750FOUR」のご紹介です。

■ホンダ・CB750FOUR ■エンジン:736cc空冷4スト2バルブSOHC4気筒

■最大出力:67ps/8000rpm ■最大トルク:6.1kg-m/7000rpm


1969年に登場した、日本初のナナハンが「ホンダ・CB750FOUR」だ。

名車というにはあまりにも言葉が簡単に過ぎるほど、

日本のバイクシーンにとって重要なモデルである。


1960年代、ホンダのバイクで最大排気量だったのは、

2気筒のCB450で、北米市場でも販売を行なっていた。

一方、北米で人気が高かったトライアンフは、

2気筒650ccエンジンを誇っていた。

北米では大きな排気量が求められていたのだが、

トライアンフは、さらに排気量を750ccに増大した

3気筒バイクを開発しているという。


そこで、ホンダはそれを上回る

4気筒750ccエンジンを積んだバイク、

「ホンダ・CB750FOUR」の開発を決めた。

そして1968年秋の東京モーターショーに参考出品でデビューを飾り、

翌年から発売が開始された。


巨大な4気筒エンジンに4本出しマフラーの迫力ある外観は迫力があり、

空冷4スト、4気筒2バルブSOHCエンジンには4キャブレターが奢られ、

67psというハイパワーによって最高速度200km/hを達成。

衝撃を持って迎え入れられたCB750FOURは、

ナナハンバイクでありながら大ヒット作となった。


CB750FOURはモデルイヤーごとにK0、K1……という

通称(1976年までは型式でもあった)がつくが、

中でも製造初年度の「K0」の初期モデルでは、

クランクケースやオイルパンを砂型で鋳造していたことが

特徴だったことはよく知られている。


その後、1975年にカフェレーサー風の「CB750FOUR-II」を追加、

1977年には「CB750FOUR-K」に発展したのち、

1978、フルモデルチェンジして誕生した「CB750K」に

道を譲って生産を終了している。

制作・協力

(イラスト・文)遠藤イヅル

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す
CollectionHandle = 81-cb750four