他カテゴリ記事を絞り込んで探す

【カワサキKAZEサーキットミーティング】サーキット走行からスキルアップに繋げよう

  • おすすめコラム
  • 2022.01.14

【あみ into MOTO】vol.20。今回は、サーキット走行会「カワサキKAZEサーキットミーティング」に参加!これからサーキットを始めたいライダーにもおすすめです♪

初心者から上級者までが楽しめるサーキット走行会、カワサキKAZEサーキットミーティング(以下、KAZEサーキットミーティング)。自身のスキルに合わせたクラス分けがされ、プロのライダーやアドバイザーを講師に迎え、様々なライディングテクニックを学ぶことができます。また、ツナギを持っていない方でも参加できる走行会って、これからサーキットを始めたいライダーにとっても嬉しいポイントですよね!

  • Kawasakiバイクが集結

KAZEサーキットミーティングは、毎年全国各地のサーキットで開催されています。そして今回私は、埼玉県桶川市にある『テルル桶川スポーツランド』(以下、桶スポ)で開催された走行会に参加しました。


荒川の河川敷という平坦な立地を生かした見渡しの良い桶スポのコースは、ミニバイクやカートレース、4輪ジムカーナなども開催される人気のサーキットです。


そして12月中旬のこの日、桶スポには朝からたくさんのライダーが集合し、会場は着々と活気に溢れます。私も会場についたらさっそく、参加受付と車検を済ませ走行の準備を始めます。


■快晴に恵まれました!


■今回私は、Kawasaki Ninja250に乗ります


全長840mの桶スポは、コンパクトながらもテクニカルで楽しいコーナリングを満喫できるので、125cc~400ccくらいのバイクで走るのが好きな私。軽量で女性ライダーにも扱いやすいNinja250は、ツーリングでもサーキットでも十分に回して楽しいバイクだから今からワクワクします。


さて、受付&車検を済ませたらブリーフィング。この走行会に参加するライダーは全員参加必須で、ここで当日のレギュレーションほか、コース説明やフラッグの説明などがあります。


さらに、ZX-25Rライダーを対象とした特別講習会では講師を務める奥田教介(おくだ きょうすけ)選手(現役 全日本ロードレース選手権ST1000)による、ライディングテクニック講座が開催されました。


ビギナーさんはもちろん、スキルアップを目指している方にも嬉しい特典ですね!


■朝のブリーフィング(写真左)と、特別講習会の様子(写真右)

  • 走って学んで上達への道

KAZEサーキットミーティングでの走行クラスは全部で4つ、各クラス20分の走行枠で走ることができます。


【クラス詳細】

①Aクラス(上級者)

②Bクラス(中級者)

③Cクラス(初級者)ツーリングスタイル可でフル先導

④Team GREEN Trial Ninja ZX-25Rクラス


【Team GREEN Trial Ninja ZX-25Rクラス】では、ZX-25Rライダーにとって嬉しいカリキュラムが設けられていること、そして【Cクラス】では、レーシングギア一式を所有していなくてもサーキット走行を体験できる・・・非常に魅力的ですね。


サーキット走行に興味はあるものの、装具一式まで揃えるのは、結構大変です。レーシングツナギのレンタルがあっても、時間と手間がかかってしまう・・・など、様々な理由でサーキットから足が遠のいてしまうライダーでも、普段通りのライディングウエアから、気軽にサーキットを始めることができます。


■体験走行(ツナギ無し)の様子


桶スポは、私の好きなサーキットの1つです。高低差わずか1.3mとフラットで、クネクネと続くコーナリングが面白い。左回りのコースも、珍しくて新鮮ですね。


走行とは関係ないのですが、ホンダエアポートに隣接している桶スポは、小型飛行機の離着陸や、空でスカイダイビングを楽しむ人たちを眺められます。


これもまた珍しい光景で、(バイクに)乗っていても、乗っていなくても、ここにある色んな風景が飽きさせない魅力を持っているのだと思います。


■飛行機と共演できる!


KAZEサーキットミーティングではサーキットアドバイザーの先生方も、終始参加者のサポートをしてくれます。先導走行はもちろんのこと、実際にサーキットを走って感じる疑問や不安な点などは、直接先生方に問いかけると、親身になって応えてくれます。


実際に私も、自身のライディングフォームに迷いがあったので、サーキットアドバイザーの今野由寛(こんの よしひろ)先生にライディングフォームのチェックをお願いしました。


■サーキットアドバイザー今野由寛 先生:全国各地でレーシングアドバイザーやコーチを務めるほか、雑誌やメディアなどでも活躍中


そういえば、プロの先生にきちんとフォームチェックをしてもらったのは相当久しぶりでした。


もっと大規模に開催されるサーキット走行会などのイベントでは、参加者と講師陣との距離を感じてしまい質問できるタイミングなどを逃してしまいがちですが、KAZEサーキットミーティングでは、終始アットホームな雰囲気があってか、先生方との距離もより近く感じられます。


実際にバイクを使って、プロの講師からレクチャーを受けられる機会って結構貴重。このとき教えてもらった内容は今でも頭に残っていて、今後のライディングに生かしていこうと思います。


  • また走りたくなるKAZEサーキットミーティング

先ほど、今野先生からライディングフォームのチェックを受けたその車両、Z400でサーキット走行をしてみました。


これまで無意識でしてた自己流のライディングフォームを、急に矯正するのは難しいことですが、忘れずに意識していくことで自然と自分の体にインストールされるのでしょう。


そのためには、もっともっと乗り込まないとダメそうですが(笑)、今回のように色々と試行錯誤しながら乗るのも面白い!・・・って思いました。


■スキルアップして安全に楽しくサーキットを走ろう


KAZEサーキットミーティングは2022年も全国各地で開催予定です。


また、今回ご紹介したサーキット走行会ほか、多彩なイベントや特典を受けられる『カワサキ ライダーズクラブKAZE』について、詳しくは下記<関連リンク>をご覧ください。


それでは、また次回のコラムをお楽しみに!


■桶スポにクレープ屋さんが出店していて喜ぶ♡

主催:SKYWALKER

後援:カワサキライダーズクラブKAZE


<関連リンク>

株式会社カワサキモータースジャパン

https://www.kawasaki-motors.com/kaze/

制作・協力

<プロフィール>木村亜美

東京出身、タレント・ライター・YouTuber。雑誌広告、映像など各種メディアで活動するかたわら、バイク・クルマ・カンナム・水上バイクなど公私ともに乗り物が大好き。所有バイクはaprilia TUONO V4 1100 Factory、Harley-Davidson PAN AMERICA1250S、KTM150EXC TPI、HONDA CRF125F、YAMAHA WR250R、BRP Can-Am Rykerなど。

オークネット提供サービス一覧

© 2016- AUCNET INC.