TOP

中古バイクを探すならバイクの窓口

ホンダ 新型 CRF250L / RALLY 報道撮影・試乗会 (技術解説編)!

  • 最新ニュース
  • 2021.01.20

​2021年1月13日(水)に千葉県君津市で行われた「ホンダ CRF250L / CRF250 RALLY 報道撮影・試乗会」のレポート(技術解説編)です!

2021年1月13日(水)に千葉県君津市で行われた「ホンダ CRF250L / CRF250 RALLY 報道撮影・試乗会」に参加しました。


この日は、2020年12月17日(木)に発売されたCRF250L / CRF250 RALLY を展示し、両車の試乗車が用意されました。


ニュースリリース

https://www.honda.co.jp/news/2020/2201113-crf250.h...


新型は、従来モデルで好評のオンロードでの扱いやすさはそのままに、オフロードでの走破性を向上させ、トータルバランスに優れたモデルとすることを目標に開発されました。


以下で、CRF250L / CRF250 RALLY の技術解説をレポートします!

  • CRF250L

・CRF250L


最初は「名称」について。

新型は、従来モデルから「通称名」の変更を行っています。

旧 CRF250L Type LD → 新 CRF250L

旧 CRF250L → 新 CRF250L <S>


今回より、従来モデルの「LD(ローダウン)」仕様が「スタンダードモデル」となり、前後サスペンションストロークを伸長しシートの厚みを変更したモデルは「<S>」を加えた表記となりました。


シートが低いモデルをスタンダードとし、従来から好評の「オン・オフロードモデル」としてさらに性能を引き上げ、「OnでもOffでも感じる扱い易さ」の向上を目指しました。


開発コンセプトは「ON 日常の便利さ と OFF 休日の楽しさに磨きをかけた "Evolved ON-OFF GEAR" (ONの扱いやすさを犠牲にせずOFF性能アップを狙う)」として、各部を最適化し、ユーザーのニーズに応えています。


写真は「CRF250L <S>」。


スタイリングは世界モトクロス選手権 MXGP参戦のワークスマシン「CRF450RW」(写真)をイメージしてデザイン。

(撮影場所:ウェルカムプラザ青山)


・2020年シーズンで ティム・ガイザー選手が2年連続のシリーズチャンピオンを獲得。

https://www.honda.co.jp/news/2020/2201105.html


「軽量かつスリムな印象とアグレッシブな走り」を予感させる外観。


・カラーリングは、レーシングイメージでオフロードでの走りを直感させる「エクストリームレッド」1色を設定。


・モトクロッサーイメージを追求した薄型LEDヘッドライト採用(従来比 -40mm)で、軽快なハンドリングと均一で広い配光を実現。


・ウインカーは小型で軽量なLEDをフレキシブルラバーでマウント。


新型は「トレール車に求められる最適な剛性と軽量化」を実現するため全てのパーツを見直し。


・フレーム・スイングアームは剛性と軽さを両立。


・車両全体で約6kgの軽量化を実現(ABS無の条件)。


「外装パーツのスリム化でライダーの操作入力と体重移動を容易にした」ライディングポジション。


・ハンドルは「素直な入力操作ができるように配慮」した形状。


・CRF250Lのシート高は従来モデルと同数値(830mm)ながら、最低地上高を210mmから245mmへとアップ。シートレールからの全面変更で足付き性の向上を追求。


・前後のサスペンションストロークを大幅にアップ。

前 200mm / 後 180mm → 前 235mm / 後 230mm。


・座面前方をスリム化し、ライディング時のホールド感を高めた形状に。


・CRF250L <S> は、前後ともに260mmのサスペンションストローク。シート高880mm、最低地上高を285mmを確保し、オフロード走破性を向上。


・シート後部にヘルメットホルダー装備。


249cc 水冷4ストロークDOHC単気筒エンジン搭載。


・エンジンは全回転域で出力・トルクが向上。性能曲線のフラット化により、低回転域から扱いやすい出力特性に。


・ギアレシオは1速から5速をローレシオ化し、6速は快適なクルージングのためハイレシオ化。


・アシストスリッパークラッチ採用で約20%荷重軽減。「街乗り、オフロードと場面を選ばずライダーの疲労軽減・安心感向上」。


・シャープなテールカウルと一体感を追求したテールランプ。

・マフラーはグラスウール廃止。


・前後ブレーキはウェーブ形状のディスクローター採用。

・ホイールリムはブラックアルマイトにポリッシュ加工。


・ABSを標準装備。オフロード走行時にはリア側のABSをオフに出来るモード切り替え機能付き。

・ドリブンスプロケット締め付け部の肉薄化など、各部を軽量化し運動性能を向上。

  • CRF250 RALLY

・CRF250 RALLY


基本的な部分はCRF250Lと共通としながらも、ツーリング性能や航続距離を向上。


CRF250 ラリーも、従来モデルの「LD(ローダウン)」仕様が「標準モデル」となり、前後サスペンションストロークを伸長しシートの厚みを変更したモデルは「<S>」を加えた表記となりました。


旧 CRF250 RALLY Type LD → 新 CRF250 RALLY

旧 CRF250 RALLY →新 CRF250 RALLY <S>


写真はCRF250 RALLY <S>。


スタイリングはダカールラリーに参戦するレーシングマシン「CRF450 RALLY」の思想を受け継いだデザイン(写真の車両は旧モデル)。


ホンダはダカールラリー2021でケビン・ベナビデス選手が総合優勝。昨年優勝のリッキー・ブラベック選手が2位に入り、1987年以来の1-2フィニッシュを達成。

https://www.honda.co.jp/news/2021/2210115b.html


写真の車両はCRF250 RALLY 。写真では<S>と比べると車体とタイヤの隙間が狭く見えますが、正直、撮影中はまったく気が付かつきませんでした(笑)。


開発コンセプトは「The Dakar Replica 週末の冒険者へ!」。


・オフロード性能を有したアドベンチャーツーリングモデルとして開発。


CRF250 RALLYの最低地上高は220mm。CRF250 RALLY <s>は275mm。


「250ccクラスの枠を超えた威風堂々とした存在感のあるスタイリング」を実現。


・ウインドプロテクションに優れた大型スクリーンやカウルを装備。


・カラーリングは「エクストリームレッド」1色を設定。


・フレームマウント式の左右非対称 二眼LEDヘッドライト。


・ウインカーは小型で軽量なLEDをフレキシブルラバーでマウント。


・エアロスリット入りナックルガードを標準装備。


・「ライダー上半身への風圧を低減するフローティングタイプ」のウインドスクリーン。


・インナーウエイト&バーエンドによる振動軽減で快適さを向上。


・メーターは速度計文字を大型化したポジティブ液晶デジタル。メーター右横はリア側のABSをオフに出来るモード切り替えスイッチ。


従来モデル同様にライト裏側もデザインして、気分を盛り上げます。


・従来モデルからタンク容量を+2.7Lアップで容量12.8Lとした大型フューエルタンク。CRF250Lとの比較では、+100kmの航続距離を増加。


・シートは専用デザイン。CRF250Lからヒップポイント座面幅とクッション厚を増し、快適性向上。


・シート高 830mm(CRF250 RALLY)、885mm(CRF250 RALLY <S>)。


・ステップにラバーを追加して、振動を軽減。


次回は、試乗&開発者インタビューをレポートします!

Honda CRF250L

https://www.honda.co.jp/CRF250L/


CRF250 RALLY

https://www.honda.co.jp/CRF250RALLY/


(取材協力)

本田技研工業株式会社

株式会社ホンダモーターサイクルジャパン


(写真・文)

森井智之

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す