TOP

中古バイクを探すならバイクの窓口

ホンダ 新型 GB350 試乗会! (Part3 GB350S 写真集編)

  • 最新ニュース
  • 2021.04.25

「Honda GB350 報道試乗会」今回はPart3として、GB350Sの詳細をレポートします!

千葉県館山市で行われた 「Honda GB350 報道試乗会」に参加しました。

この日は車両撮影、試乗、開発者インタビューが行われました。


Part3は、GB350Sの詳細をレポートします!


GB350 技術解説編

https://www.moto-auc.com/report/news/gb350


Part1 GB350 試乗インプレッション編

https://www.moto-auc.com/report/news/gb350-part1


Part2 開発者インタビュー編

https://www.moto-auc.com/report/news/gb350-part2

  • 「軽快、ワイルドでスポーティーな外観」に

2021年7月15日(木)に発売の新型ロードスポーツモデル ホンダ GB350S(右)と、GB350(発売中)


GB350 キャンディークロモスフィアレッド。


GB350は「日常から遠出まで~ THE Honda Basic Roadster」をコンセプトに、日常的な扱いやすさとツーリングでの感動まで、豊かな「体験」の提供を目指し、車体、パワーユニットを新設計したモデル。


カラーリングは「それぞれのキャラクターを強調した、異なるカラースキーム」を施しています。


GB350のカラーバリエーションは他にマットジーンズブルーメタリック、ガンメタルブラックメタリックの計3色を設定。


GB350Sのカラーバリエーションは計2色を設定。 パールディープマッドグレー。


GB350Sは、GB350をベースに「より積極的な走りをイメージさせるスポーティーなスタイル」としています。


GB350S ガンメタルブラックメタリック。


GB350Sは、エンジン、フレームやフューエルタンクなどをGB350と共通としながらも、「より現代的なイメージ」のパーツを各所に採用し「軽快、ワイルドでスポーティーな外観」に。

  • より積極的な走りをイメージさせるスポーティーなスタイル

ライディングポジションは「よりコーナーリングを楽しみたくなる」ように変更。


ハンドルはグリップを「より低く、より遠く」してライダーの前傾を深め、さらに絞り角を浅く設定。


ステップホルダーは両車で大きく異なります。


GB350Sのメインステップは専用ステップホルダー採用で「より後方に、より上部に」配置し、GB350より深いバンク角を確保。


GB350は、メインステップの位置を最適化するために「別体メインステップブラケット」として、ビリオンステップブラケットと別体にしています。さらに右側は締結位置をフレームアンダーパイプ内側に設定(特許出願中)してバンク角を確保。


ライダースペースをより長くとった「ワディングシート」。


タンデムシート部の両脇にコンパクトな「アルミダイキャスト製リアグリップ」を装備。


GB350Sのリアホイールは「17インチ化」して「よりワイドなリアタイヤ」を装着。


リアタイヤは、150/70-17。(GB350のリアタイヤは、130/70-18)


タイヤのブランドもそれぞれで異なります。

GB350 : ダンロップ

GB350S : メッツラー


リアクッションのスプリングは、ブラック仕上げ。


ブラックのヘッドライトケースに、加飾を追加。

シャープなイメージの軽量、コンパクトなウインカー採用。

  • 注目すべきは、バンク角をより深める形状のマフラー

樹脂製ショートフェンダーにより軽量化を図り、マス集中化に寄与。


専用形状の樹脂製リアフェンダー。

コンパクトなテールランプとウインカー。


バンク角を増したマットブラックのマフラー。


GB350、GB350Sともに、マフラーのエキゾーストパイプを「二重管構造」として熱による変色を抑えています。

キャタライザーをフレームのアンダーパイプに沿わせて、バンク角を確保しながらスッキリとした外観としています。


シャープな面構成とした「サイドカバー」。


GB350Sは、フロントフォークブーツ標準装備。(GB350は純正アクセサリーで用意)


GB350は、クローム仕上げのパーツとスチール製の前後フェンダー、サイドカバー採用。


「深く絞られた温かみのある形状」の「高品位な造り」により「信頼感や落ち着きと抑揚のきいた外観」で、GB350Sと差別化を図っています。


次回は、純正アクセサリー装着車をレポートします!


ホンダ GB350

https://www.honda.co.jp/GB350/

(取材協力)

本田技研工業株式会社

株式会社ホンダモーターサイクルジャパン


(写真・文)

森井智之

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す