TOP

中古バイクを探すならバイクの窓口

ホンダ 新型 レブル 1100 試乗会! (Part3 純正アクセサリー装着車編)

  • 最新ニュース
  • 2021.03.23

​神奈川県逗子市で行われた 「Honda Rebel 1100 報道試乗会」のPart3 純正アクセサリー & カスタマイズパーツ 装着車をレポートします!

神奈川県逗子市で行われた 「Honda Rebel 1100 報道試乗会」に参加しました。

この日は開発者インタビュー、試乗会、純正アクセサリー装着車の撮影が行われました。


技術解説編

https://www.moto-auc.com/report/news/1100


Part1 開発者インタビュー編

https://www.moto-auc.com/report/news/1100-part1


Part2 試乗インプレッション編

https://www.moto-auc.com/report/news/1100-part2


Part3は、純正アクセサリー & カスタマイズパーツ 装着車をレポートします!

  • レブル1100 STREET STYLE

Honda 純正アクセサリー

レブル1100 STREET STYLE


「個性際立つ、ストリート・スタイル」


・ヘッドライトカウル

ブラックアウトスタイルを際立たせる専用設計品。胸まわりの風当たりを軽減。


・スペシャルメインシート (ブラウン)

ダイヤモンドステッチ風ワディング。縫い目のないパターン製法により浸水を抑えます。

※ ブラックも設定。


・パッセンジャーシート (ブラウン)

スペシャルメインシート(ブラウン)にマッチする同色のシート。シートベルト付き。


・ショートフロントフェンダー

フロントまわりに軽快感を与え、スポーティーさを演出。「Rebel」のロゴ入り。

  • レブル1100 TOUR STYLE

Honda 純正アクセサリー

レブル1100 TOUR STYLE


「ツーリングシーンを快適に過ごす、ツアー・スタイル」


・スクリーンカウル

腕、肩まわりの風あたりを和らげ、ツーリングシーンでの快適性を向上。

スクリーン裏の負圧を軽減するベンチレーションをカウルに装備。

マットブラック塗装仕上げ。

※ 取付には別途、ステー、取付アタッチメント、両面テープ、ハーネスバンドが必要。


・タンクパッド (センター、サイド)

タンクの傷付きを防止する、タンクデザインに合わせた専用設計。ラバー製。両面テープ貼り付けタイプ。センターは「Rebel」のロゴ入り。


・バックレスト / バックレストパッド

パッセンジャーの安心感を高め、密度の異なる2種類のクッションを使用したことで快適性も向上。レブルのスタイルにマッチしたロータイプ。


・リアキャリア

直径20mmの鉄パイプを使用。ロープフックを4ヶ所に装備。許容積載量3.0kg。

バックレストと同時装着が可能。


・サドルバッグ(右側)

ワンタッチで着脱可能な、容量10Lのバッグ。タフで軽量なバリスティックナイロン採用。防水インナーバッグ、ショルダーストラップ付属。許容積載量3.0kg。


・サドルバッグ(左側)

ワンタッチで着脱可能な、容量14Lのバッグ。タフで軽量なバリスティックナイロン採用。防水インナーバッグ、ショルダーストラップ付属。許容積載量3.0kg。


サドルバッグは左右ともに専用の「サドルバッグステー」が別途必要。

  • レブル1100 TOURING STYLE

カスタマイズパーツ装着車

レブル1100 TOURING STYLE


「デイトナ」製の社外パーツを装着してカスタマイズされた車両。

メーカーサイト、カタログ掲載パーツ使用。


・エアロバイザーキット (スモーク)

材質 : ポリカーボネート。「クリア」も設定。


・リバーシブルバックレスト

サイドプレートを前後入れ替える事により、ライダー用としても使用可能なバックレスト。


・パイプエンジンガード

スチール製。カラー : ブラック。


・サドルバッグ (左右対応)

容量 約9L、最大積載量5kg。合皮製。レインカバー付属。汎用品。


・サドルバッグ (左側対応)

容量 約12L、最大積載量5kg。合皮製。レインカバー付属。汎用品。


サドルバッグは左右ともに専用の「サドルバッグサポート」が別途必要。


上記パーツの詳細は下記サイト、もしくは紙製カタログを参照してください。


ホンダ レブル 1100

https://www.honda.co.jp/Rebel1100/

(取材協力)

本田技研工業株式会社

株式会社ホンダモーターサイクルジャパン


(写真・文)

森井智之

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す